本文へスキップ

2016.06.20

ハンス=ギュンター・ヒルペルト氏セミナー "The EU-Japan Free Trade Agreement, Economic and Political Aspects" - 発表要旨・質疑応答

  • 栗原 潤
  • 研究主幹
    栗原 潤
  • [研究分野]
    米国情報・ネットワーク

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2016年3月23日に、The German Institute for International and Security Affairs (Stiftung Wissenschaft und Politik, SWP)のアジア研究部門長、ハンス=ギュンター・ヒルペルト氏のセミナーを開催しました。(モデレーター:栗原潤研究主幹)。これは同セミナーの「発表要旨・質疑応答(英語)」です。



発表概要

The last two decades experienced a relative decline in Japanese-European trade. The current negotiations for a Japan-EU Free Trade Agreement are meant to reverse this trend. Eventually the prospective Japan-EU free trade area could become the third largest free trade zone worldwide, only next to the TTIP and TPP. However, neither in Japan nor in Europe the current negotiations do not seem to assume a prominent status in trade policy. The negotiations even run the risk of leading into an impasse. Against this background the presenter is having a closer look on the current negotiation topics and the wider trade policy framework out of a European perspective.



→「発表要旨・質疑応答(英語)」全文を読む
The EU-Japan Free Trade Agreement, Economic and Political AspectsPDF:304KB


→同セミナーのイベント開催報告はこちら
ハンス=ギュンター・ヒルペルト氏セミナー "The EU-Japan Free Trade Agreement, Economic and Political Aspects"

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる