本文へスキップ

2016.06.17

中国高度成長の終焉と銀行業を巡る環境の変化~リスク管理の重要性が鮮明に~

  • 岡嵜 久実子
  • 研究主幹
    岡嵜 久実子
  • [研究分野]
    中国経済・中国金融制度

要旨

  • 〇 中国の主要上場商業銀行13行の税引き前利益は、2015年に伸び率が大きく鈍化し、本年第1四半期も、総じて伸び
      悩み感が強い結果となった。
  • 〇 利益伸び悩みの主因は、金利収入の増勢鈍化と貸倒引当金の大幅増加。
  • 〇 経済成長の鈍化、過剰生産能力の調整、金利自由化の進展など、今後、商業銀行の収益環境は厳しさを増すことが
      予想される。同国では「金融の実体経済への貢献」が強く期待されているが、銀行及び監督当局のリスク管理能力の
      向上が益々重要になっている。

→全文を読む

全文を見る

中国高度成長の終焉と銀行業を巡る環境の変化~リスク管理の重要性が鮮明に~PDF:848.5 KB

同シリーズ論文

岡嵜 久実子 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる