本文へスキップ

2017.09.08

ワーキング・ペーパー(17-005J) 「経済史研究におけるマイクロ・データの利用」

本稿はワーキング・ペーパーです

 この論文は経済史・経営史研究に関する入門書の1章として書かれたものである。論文の中では、経済史研究におけるマイクロ・データの有用性とその活用の仕方を、3本の代表的な論文(Sokoloff 1984; Kim 2005; Bresnahan and Raff 1991)の具体例に即して解説した。




岡崎 哲二 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

岡崎 哲二 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる