本文へスキップ

2012.04.12

Canon-Ifri Paper Series n°6, April 2012 「偏った原発報道と冷静な判断に基づく長期エネルギービジョン」

  • 湯原 哲夫

 フランスのシンクタンクInstitut français des relations internationales (Ifri) とキヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は、東日本大震災に関するCIGS研究主幹の分析を、「Canon-Ifri Paper Series」として双方のウェブサイトに掲載しています。
 その第六回目として、CIGS研究主幹 湯原哲夫の「偏った原発報道と冷静な判断に基づく長期エネルギービジョン」と題する分析を掲載いたします。
この小論文は青林堂『ジャパニズム』04に掲載された論文に若干の変更を加えたものです。  


 なお、Ifriのウェブサイトに掲載された原文(英語)はこちらからもご覧いただけます。
The Fukushima Nuclear Accident and a Long-Term Energy Vision for Japan

全文を見る

「偏った原発報道と冷静な判断に基づく長期エネルギービジョン」PDF:277.5 KB

同シリーズ論文

資源・エネルギー、環境 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる