本文へスキップ

「国際平和協力入門 : 国際社会への貢献と日本の課題」

「国際平和協力入門 : 国際社会への貢献と日本の課題」

  • 編著 上杉 勇司、藤重 博美/分担執筆 本多 倫彬 他
  • 出版社 ミネルヴァ書房
    ISBN 9784623081653
    価格 本体2,800円+税
    発行 2018年4月初版

     1992年、初めての自衛隊PKO派遣から25年を経過し、日本の国際平和協力は、国際社会への関与のなかで、必須の活動の一つとなっている。現在、ODAとPKOに自衛隊が密接に連携する場面も生まれ、国際平和協力法には「駆けつけ警護」が盛り込まれた。日本の国際平和協力は、何が変わり、何が枠組みのなかで実行可能になったのか。最新の研究成果と現場からの声を盛り込んだ、初学者から専門家まで必携の国際平和協力の概説書。

     本多倫彬(キヤノングローバル戦略研究所 研究員)は、第5章『カンボジア:「統合化」に向けた前哨戦』と、第6章『東ティモール:「統合化」への適応と「積極化」への課題』を執筆しました。


    [ここがポイント]

  • ◎ 国際社会への貢献としての日本の国際平和協力を、その始点から現在まで、丁寧に状況を読み解く。
  • ◎ 立法、制度趣旨への理解を深めるとともに、これまでの主要な活動の事例について、背景と実態を詳解。
  • ◎ 実践者による最前線の現場の実態解説を豊富に掲載。
  • 出版物一覧へもどる