本文へスキップ

「平和構築の模索:『自衛隊PKO派遣』の挑戦と帰結」

「平和構築の模索:『自衛隊PKO派遣』の挑戦と帰結」

  • 著者 本多 倫彬
  • 出版社 内外出版
    ISBN 9784905285670
    価格 本体4,500円+税
    発行 2017年10月初版

     本書は、国際平和協力として知られる自衛隊のPKO派遣を取り巻く国際的な潮流の中で、派遣された自衛隊自身がどのような活動をいかなる理由・要因でつくりあげ、またそれによって日本がどのように国際的な平和活動に寄与してきたのかを考察したものです。


     25年におよぶ国際平和協力の歴史の中で、派遣された陸上自衛隊自身は、どのような課題に直面し、何を目指してきたのか。またそれによっていかなる活動が形成され、それは現在、日本の平和構築政策をどのように規定しているのか。本書ではこれらを解明しています。


     国際平和協力とはどのようなものなのかを考究した本書が、日本の国際平和協力を考える際の一助となればと期待しています。


    出版物一覧へもどる