本文へスキップ

「現代日本の地政学-13のリスクと地経学の時代-」

「現代日本の地政学-13のリスクと地経学の時代-」

  • 日本再建イニシアティブ、神保 謙
  • 出版社 中央公論新社
    ISBN 9784121024503
    価格 本体900円+税
    発行 2017年8月初版

     国家の行動を地理環境と結びつけて考える「地政学」が復活している。米国主導の秩序と日米同盟に守られていた日本だが、中国の軍拡による脅威は深刻だ。さらに経済力で地政学的利益の実現を目指す中国の手法は「地経学」時代の到来を示す。北朝鮮の核やロシアの動向のほか、エネルギー、サイバー戦争、気候変動など地球規模のリスクの影響も大きい。トランプ米政権のもと、日本がとるべき戦略を俊英13人が描く。


    当研究所の神保謙主任研究員は、 第13章で「地経学の台頭と日本の針路」を執筆しました。

    出版物一覧へもどる