本文へスキップ

「預金封鎖に備えよ-マイナス金利の先にある危機-」

「預金封鎖に備えよ-マイナス金利の先にある危機-」

  • 著者 小黒 一正
  • 出版社 朝日新聞出版
    ISBN 9784023315419
    価格 本体1,500円+税
    発行 2016年10月初版

     マイナス金利政策を含む現在の異常な金融政策の失敗は、日本を"第2の敗戦"に陥れるかもしれない――。日本では第二次世界大戦の直後、「預金封鎖」「通貨切り替え」「財産税」などの国民資産を暴力的に収奪する政策が断行された。消費税増税が延期され、財政破綻がいっそう現実味を帯びるいま、再びそのリスクが迫っている。元財務官僚の経済学者が、最悪のシナリオを予測。「国家の収奪」に備える資産防衛法についても解説する。

    【内容】
    ◆序章 預金封鎖への道
    ◆第1章 消費税増税なくして財政再建なし
    ◆第2章 失敗だらけの金融政策
    ◆第3章 財政再建、待ったなし
    ◆第4章 終戦直後の教訓――財政はいかにして"健全化"されたのか
    ◆第5章 財政危機に「出口」はあるか――国と個人の"処方箋"を考える

    出版物一覧へもどる