本文へスキップ

研究員 伊藤 弘太郎

img_fellows_ito_4.jpg

伊藤 弘太郎

研究分野

    韓国の外交安全保障政策

コラム

コラム・メディア掲載トップへ

掲載論文・レポート

伊藤 弘太郎 その他の論文・レポートをもっと見る

論文・レポートトップへ

プロフィール

学歴

  • 2001年3月 中央大学総合政策学部政策科学科卒業
  • 2003年3月 - 2003年12月 高麗大学校交換留学生
  • 2004年3月 中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程総合政策専攻修了
  • 2005年12月 高麗大学校国際語学院韓国語文化教育センター韓国語課程修了
  • 2017年3月 中央大学大学院法学研究科博士後期課程政治学専攻単位取得満期退学

職歴

  • 2004年4月 - 2005年2月 衆議院議員 政策調査スタッフ
  • 2005年3月 - 2005年7月 衆議院議員 秘書
  • 2006年6月 - 2007年6月 財団法人日本国際交流センター アシスタント・プログラム・オフィサー
  • 2007年6月 - 2008年8月 独立行政法人経済産業研究所 リサーチ・アシスタント
  • 2008年9月 - 2009年8月 高麗大学校一民国際関係研究院 ジュニア・リサーチ・フェロー
  • 2010年1月 - 2014年12月 キヤノングローバル戦略研究所 研究員
  • 2015年1月 - 2017年6月 内閣官房国家安全保障局 参事官補佐
  • 2017年7月 - キヤノングローバル戦略研究所 研究員

論文

  • 「韓国の政治任用制度―大統領秘書室の歴史と特徴を中心に―」『中央大学大学院法学研究科編研究年報第43号』、2014年2月

  • 【リサーチペーパー】

  • 「諸外国に学ぶ国民保護体制のあり方に関する研究」東京財団研究報告書(2005-22)、2006年3月
  • 「危機管理政策の国際比較―危機対応の経済政策論に向けて」『RIETI Policy Discussion Paper、 08-P-002』、2008年5月

その他

    【学会報告】

  • 「Japan Self Defense Force Activity in Humanitarian Assistance and Peacekeeping Operation」SNEAS(Symposium of Northeast Asia Security)、米国国務省・米国太平洋軍司令部共催(於:中国・同済大学)、2010年9月
  • 「外交・安全保障分野における政治任用職養成ツールとしてのシミュレーション―危機における政策決定者の知的運動神経をいかに鍛えるか―」NPO法人日本シミュレーション&ゲーミング学会秋季全国大会(於:青山学院大学)、2012年10月
  • 「危機対応シミュレーションの手法と成果- PAC政策シミュレーションの実績と課題を中心に-」NPO法人日本シミュレーション&ゲーミング学会西日本ヒューマン・ベース政策過程ゲーミング・シミュレーション 研究会(於:立命館大学)、2013年9月
  • 「金泳三政権成立後の韓国国防政策の変化-防衛産業政策を中心に-」現代韓国朝鮮学会第16回研究大会(於:神田外語大学)、2015年11月
  • 「冷戦後の韓国の防衛産業:防衛装備品輸出拡大への過程」日本国際政治学会創設60周年(2016年度)研究大会(於:幕張メッセ)分科会セッションA-2、2016年10月

  • 【書評】

  • 「危機管理学-社会運営とガバナンスのこれから-」『改革者2014年6月号』、2014年6月
  • 「道下徳成著 北朝鮮-瀬戸際外交の歴史、1966~2012年」『国際安全保障第42巻第2号』、2014年9月

  • 【翻訳】

  • 「米国議会への年次報告書:中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開 2010」翻訳版:神谷万丈監修(日本国際問題研究所)、2011年3月

  • 【雑誌】

  • 「李明博大統領竹島上陸の背景は何か」『改革者2012年10月号』政策研究フォーラム、2012年10月
  • 「僅か5年で輸出額10倍に 急伸する韓国の防衛産業」『WEDGE12月号』、2013年11月
  • 「安保よりも安全が優先する韓国 弱まる国民の対北脅威認識と高まる災害安全意識」『WEDGE Infinity』、2014年8月
  • 「韓国内政の混乱は収束するか-「ろうそく民心」の選択はいかに-」『改革者2017年3月号』、2017年3月

  • 【所属学会】

  • 日本国際政治学会
  • 国際安全保障学会
  • 現代韓国朝鮮学会
  • 日本公共政策学会