本文へスキップ

研究主幹 鎌江 伊三夫

img_fellows_kamae.jpg

鎌江 伊三夫

東京大学公共政策大学院 特任教授
明治大学国際総合研究所 客員教授
神戸大学大学院医学研究科 客員教授
北京大学光華管理学院 客員教授

研究テーマ

研究分野

    医療政策、医療技術評価

コラム

鎌江 伊三夫 その他のコラムをもっと見る

コラム・メディア掲載トップへ

出版物

出版物トップへ

開催報告

鎌江 伊三夫 その他の開催報告をもっと見る

開催報告トップへ

プロフィール

学歴

  • 1977年 京都大学工学部情報工学科卒業
  • 1979年 京都大学大学院工学研究科修士課程修了(情報工学)
  • 1985年 神戸大学医学部医学科卒業
  • 1988年 ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程修了(Biostatistics)
  • 1995年 ハーバード大学公衆衛生学博士(Health decision Sciences)

職歴

  • 1993年 島根医科大学医学部医療情報学講座 助教授
  • 1994年 京都大学医学部附属病院総合診療部 助教授
  • 1997年 神戸大学都市安全医学研究センター・同大学院医学系研究科 教授
  • 2007年 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 教授
  • 2011年- キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹
  • 2012年- 東京大学公共政策大学院 特任教授
  • 2012年- 明治大学国際総合研究所 客員教授

著作物

  • 『ヘルスケアサイエンスのための医薬経済学用語集-ISPOR Book of Term』(監訳)日本製薬工業協会 医薬出版センター
  • 「患者中心医療における意思決定とその諸問題」-『死生学-医と法をめぐる生死の境界[5]』(共著)東京大学出版会

論文

  • 鎌江伊三夫: 医薬経済学的手法による医療技術評価を考える<1>イノベーション評価をめぐる最近の動き. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス. 43;1:39‐44, 2012.
  • 鎌江伊三夫、池田俊也:医薬品・医療機器を対象とした社会経済評価ガイドラインのエキスパート・コンセンサス案とその活用への提言. 薬剤疫学. 16(1): 21-26, 2011.
  • Kamae I: Value-Based Approaches to Healthcare Systems and Pharmacoeconomics Requirements in Asia. Pharmacoeconomics. 28(10):831-838, 2010.
  • 医薬経済学フロンティア研究会(鎌江他):ドイツIQWiG医療技術評価ガイドライン―その概要と意義―. 社会保険旬報. 2409;12月21日号:18-25, 2009.