本文へスキップ

2018年3月28日(水)開催 場所:外務省

外務省「気候変動・地域情勢研究専門家の意見交換会」出席報告(杉山上席研究員)

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の杉山大志上席研究員は、2018年3月28日、外務省において開催された「気候変動と脆弱性に関する外務省報告書フォローアップ:気候変動・地域情勢研究専門家の意見交換会」に参加しました。

 同意見交換会には科学分野の研究者、地域情勢分野の専門家、外務省及び文部科学省関係者が集まり、各分野における気候変動に関する最新の知見が共有されたほか、気候変動と社会的・経済的脆弱性について、政策決定者及び各分野の研究者がどのように対策を講じていくべきかについて、活発な意見交換が行われました。
 人の移動については気候変動による影響だけでなく、社会的・経済的要因もあり、気候変動対策を講じるにあたり、地域情勢についても考慮に入れる必要があること等が議論されました。
 今回の意見交換会で得られた知見や課題は、今年外務省主催で開催を予定している気候変動と脆弱性に関する国際会議において議論される予定です。


意見交換会概要
気候変動・地域情勢研究専門家の意見交換会【日本語】
Informal meeting among experts on climate change and regional affairs [English]


関連レポート
気候変動に対応したアジア・太平洋地域における外交政策のあり方は?杉山大志 上席研究員)