本文へスキップ

2018年1月25日(木)16:30~18:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS エネルギー環境セミナー 「アセアンの再生可能エネルギー‐ミャンマーとベトナムを中心に」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2018年1月25日に、ハーバード大学John F. Kennedy School of GovernmentのチーフエコノミストDavid Ogden Dapice教授を招き、CIGSエネルギー環境セミナーを開催しました。

20180125_Dapice_photo.jpg 20180125_Yoshikawa_photo.JPG 20180125_Room_photo.jpg
(左からDapice氏、芳川氏)

開催概要
題目:"Coal-Fired Electricity for Vietnam: Expensive, Dirty & Unpopular"
発表者:David Ogden Dapice
(Professor, Chief Economist, Vietnam and Myanmar Program, Center for Business and Government,
John F. Kennedy School of Government, Harvard University)
モデレーター:芳川 恒志 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)


プログラム
ProgramPDF:283KB


発表資料
David Ogden Dapice 発表資料PDF:323KB


開催趣旨
 講師のダピス教授は、ベトナム、ミャンマーやインドネシアなどにおいて、政府等の依頼を受けエネルギーをはじめとする経済基盤開発や社会制度整備に長期にわたり貢献してきた実績がある。同時にこれらの国のみならずアセアン全体にわたり政府やビジネス界等に広範な人的ネットワークを有する米国を代表する地域の専門家である。現在もミャンマーのラカイン州における宗教対立等に関し積極的に提言・活動を行なっているところである。
 今回のセミナーでは、これまでのこのような経験と知見を踏まえ、この地域のエネルギー開発の現状と展望について講演していただき、議論を行う。特に、再生可能エネルギーを中心に、今後さらに開発が必要なミャンマーとベトナムに焦点を当てる予定である。


発表者紹介
Professor David Ogden Dapice received his PhD in Economics from Harvard University in 1973. From then on, he served as an associate professor and chair of Economics Department at Tufts University until 2016. He jointed Harvard University from 1990 as a faculty associate and chief economist of Indochina Program, and served as chief economist of Vietnam and Myanmar Program from 2000. He also has long time experiences of consultancies focused on Southeast Asia for the governments of Thai, Indonesia, and Vietnam, as well as international institutions (such as UNDP and World Bank) and universities.