本文へスキップ

2017年12月7日(木)14:00~16:30開催 場所:新丸ビルコンファレンススクエア Room 901

CIGS 国際シンポジウム 「地球温暖化対策における技術戦略のあり方」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2017年12月7日に、国際シンポジウム「地球温暖化対策における技術戦略のあり方」を開催しました。

開催趣旨

 パリ協定においては、地球温暖化を2度以下に抑制する目標が合意され、諸国政府は2050年ごろを目処とした地球温暖化対策の「長期戦略」を、2020年迄に提出することを要請されている。これを受けて日本政府も検討を進めている。
 この主要論点の1つである再生可能エネルギーについて、長期的に利用を拡大するという方向性には広くコンセンサスがある。しかし、導入を急ぐあまり電力価格が高騰するならば、経済への悪影響が懸念される。のみならず、電気自動車の導入を阻害するなど、温暖化対策としてはかえって逆効果になるおそれもある。
 本シンポジウムでは、英国のエネルギー・環境政策、特に再生可能エネルギー政策研究の第一人者であるジョン・コンスタブル氏を招き、地球温暖化対策の長期戦略のあり方について、特に技術政策的な側面から検討をする。


プログラムPDF:168KB

シンポジウム要旨は後日掲載します

171207_Zenkei_photo.JPG


開催挨拶

  • 福井 俊彦
    キヤノングローバル戦略研究所 理事長
    171207_Fukui_photo.JPG

講演

  • 杉山 大志
    キヤノングローバル戦略研究所 上席研究員
    「地球温暖化対策の長期戦略における技術的側面:特に電力技術を中心として」
    発表資料PDF:1.69MB
    171207_Sugiyama_photo.JPG
  • ジョン・コンスタブル(John Constable)
    The Director of the Renewable Energy Foundation
    「United Kingdom Renewable Electricity 2002-2017」
    発表資料PDF:7.55MB
    171207_Constable_photo.JPG
  • 竹内 純子
    NPO法人国際環境経済研究所 理事・主席研究員
    「日本の再生可能エネルギー政策の現状と課題」
    発表資料PDF:2.42MB
    171207_Takeuchi_photo.JPG

ディスカッション

  • 【モデレーター】
    杉山 大志

    【ディスカッサント】
    ジョン・コンスタブル(John Constable)
    竹内 純子

    171207_Panel_photo.JPG