本文へスキップ

2017年7月20日(木)16:00~17:30開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS エネルギー環境セミナー 「エネルギーとイノベーション」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2017年7月20日に、国際エネルギー機関(IEA)エネルギー市場・安全保障局長の貞森恵佑氏を招き、CIGSエネルギー環境セミナーを開催しました。

170720_Sadamori_photo.JPG 170720_Yoshikawa_photo.JPG 170720_Zenkei_photo.JPG
(左から貞森氏、芳川氏)

開催概要
題目:「エネルギーとイノベーション」
発表者:貞森 恵佑(国際エネルギー機関(IEA)エネルギー市場・安全保障局長)
モデレーター:芳川 恒志 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)


開催趣旨
 急激に変動している世界のエネルギー市場を踏まえて、今後のエネルギー技術に関する見通しと課題、特に、低炭素エネルギー技術全般の動向、電力部門における太陽光及び風力の急速な拡大と分散電源の拡大が電力システム全体に与える影響、交通部門の低炭素化進展の見込みおよび電気自動車の急速な発展、産業部門における低炭素化技術の進展と今後の動向などを紹介し、イノベーションの役割と政府の政策及び制度設計の重要性を論じる。


プログラム
ProgramPDF:271KB


発表資料
貞森恵佑 発表資料(英語)
"Energy Technology Perspectives 2017:Catalysing Energy Technology Transformations"
PDF:864KB


発表者紹介
貞森 恵佑
 1983年東京大学法学部卒業、同年通商産業省(現経済産業省)入省。国際エネルギー問題担当参事官、通商交渉官、内閣総理大臣秘書官、大臣官房審議官(政策総合調整担当)等を歴任の後、2012年9月から国際エネルギー機関(IEA)エネルギー市場・安全保障局長に就任。