本文へスキップ

2017年開催 場所:専修大学 / キヤノングローバル戦略研究所

2017年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告

 若手・中堅のマクロ経済学研究者および経済物理学を研究する物理学者をメンバーとして、動学一般均衡モデルを中心としたマクロ経済学、および大規模データを用いた実証分析を中心とした経済物理学に関する研究報告を行っています。

オーガナイザー
 稲葉大 (関西大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 大西立顕 (東京大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 奴田原健悟 (専修大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 水野貴之 (国立情報学研究所・キヤノングローバル戦略研究所)
 白井大地 (キヤノングローバル戦略研究所)



第45回(DSGE Workshopと共催)
●日 時: 2017年7月15日(土) 14:00-17:20
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者1(14:00-15:30): 高橋修平氏(京都大学)
●タイトル: "The Impact of Taxes and Transfers on Skill Premium" (joint with Ken Yamada)
●発表者2(15:50-17:20): 脇雄一郎氏(クイーンズランド大学)
●タイトル: "Fiscal Forward Guidance" (joint with Ippei Fujiwara)


第44回(DSGE Workshopと共催)
●日 時: 2017年2月18日(土) 14:30-17:50
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者1(14:30-16:00): 荒戸寛樹(首都大学東京)
●タイトル: "A Model of Negative Interest Rates"
●概要: Abstract: This paper builds a model which allows an equilibrium nominal interest rate on reserve deposit below zero. In this model, banks hold cash and reserve deposits to create lending and credit services. If the banks' reserve deposit holdings can create both lending and credit services but cash holdings can create only lending services, the lower bound of the nominal interest rate on reserve deposit can be negative. At a steady state, the lower bound of the reserve rate is endogenous, which depends on the ratio of the government bond to high-powered money. Hence, the model suggests that the implementability of a negative reserve rate policy is related to the extent of quantitative easing.
●発表者2(16:20-17:50): 川上圭(青山学院大学)
●タイトル: "Noisy Reallocation in Takeover Markets"
●概要: [Preliminary and incomplete] We propose a model of reallocation in takeover markets subject to asymmetric information. Firms are heterogeneous in two respects: (i) the demand condition that affects the profitability for a given level of input ("project quality"), and (ii) the production efficiency that affects the profitability for a given level of demand ("management skill"). Firms can sell their projects in takeover markets but not their management skills. Gains from trade between firms with good projects but bad skills and firms with good skills but bad projects exist, but because firm size is only a noisy indicator of the project quality and skills, trades are subject to information friction. In equilibrium, an endogenous selection into a buy-side or a sell-side reveals information about the sources of profitability, but not perfectly. The model is consistent with the "like-buys-like" pattern and generates variations in the ex post success/failure of takeovers.




2016年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2015年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2014年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2013年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2012年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2011年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2010年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告



問い合わせ先
報告・参加希望は、
キヤノングローバル戦略研究所・研究主任 稲葉大
inaba.masaru at canon-igs.orgまで。("at"の部分を@に変更してください。)

関連する研究会リンク
Macroeconomics and Econophysics Workshop
DSGE Workshop
経済理論・政策ワークショップ (Economic Theory and Policy Workshop)
明星大学 理論・計量経済学研究会 (Meisei University Economic Theory and Econometrics Institute)