本文へスキップ

2017年7月6日(木)、7日(金)開催 場所:Stamford Ballroom, Raffles City Convention Centre

World Agricultural Forum 2017 "Trade, New technologies and Food Security"講演報告(山下研究主幹)

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の山下一仁研究主幹は、2017年7月6、7日にシンガポールで開催された世界農業フォーラム2017に招かれ、報告、質疑応答を行いました。

 山下一仁研究主幹は、2017年7月6、7日にシンガポールで開催された、「貿易、新技術と食料安全保障」と題する世界農業フォーラム2017(世界農業フォーラム、ナンヤン大学共催)に招かれ、報告、質疑応答を行いました。
 この中で、自由貿易が食料安全保障の基礎となること、TPP11や日EU自由貿易協定がTPP11参加国やEUからの農産物に特恵的な扱いを与えることでアメリカ産農産物を日本市場から追いやることになり、保護主義的な傾向を強めているアメリカをTPPに復帰させる最も有力な方法となることを強調し、聴衆から高い評価を受けました。


山下氏 発表資料(英語)
"Food Security and Policy: balancing farmer and consumer interests" PDF:189KB