本文へスキップ

2016年12月26日(月)14:00~16:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS Workshop 「企業ダイナミクスと経済成長に関する研究会」メンバーによるワークショップ

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は12月26日に研究主幹 岡崎哲二氏、一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 准教授 宮川大介氏、京都産業大学 准教授 坂井功治氏によるワークショップを開催しました。

161226_Okazaki_photo.jpg 161226_Miyakawa_photo.jpg 161226_Sakai_photo.jpg 161226_Zenkei_photo.jpg
(左から岡崎氏、宮川氏、坂井氏)

プログラム: プログラムPDF:305KB


発表者:宮川 大介(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 准教授)
題目:「Testing Heterogeneous Incomplete Pass-through: Evidence from Firm-Level Cotton Yarn Export Price Data」

発表資料: 発表資料PDF:1,249KB

論文: 論文PDF:755KB

発表概要:
 Using firm-level monthly export price data for a highly homogenous product, i.e., cotton yarn of a specific count, set by multiple Japanese firms over the periods from 1897 to 1914 and detailed firm-level attributes, we empirically examine how the exchange rate pass-through depends on firm heterogeneity. The estimate results show, first, that exporter firms' import intensity and firm size were the sources of heterogeneous pass-through as in Amiti et al. (2014). Second, we also find that the factors related to firms' funding, which are proxied for by the average funding rates and inventory turnover, were closely related to the heterogeneity in pass-through. Third, different levels of wages for female workers, which can be interpreted as a proxy for productivity and/or product quality, also led to heterogeneous pass-through. These results imply that multiple firm-level factors simultaneously affect the degree of heterogeneity in pass-through.


発表者:坂井 功治(京都産業大学 准教授)
題目:「Capital Market Integration in Prewar Japan」

発表資料: 発表資料PDF:896KB

発表概要:
 本稿は、1888-1936年の日本の府県別貸出金利のデータを用い、明治から昭和初期にかけて進展したとされる地域間の金融市場統合の過程について検証を行ったものである。検証にあたっては、Phillips and Sul (2007)のlog t test/ club convergenceの手法を用い、この時期における金融市場統合の有無、およびその詳細な経路について詳細な分析を行った。現状得られている結果は以下2点である。第一に、金融市場統合は1901-1926年の期間にはほぼ完了し、統合に至るまで各府県の貸出金利はただ一つの定常状態に向かって収束する経路を辿った。第二に、金融市場統合は1927年以降に再び崩れ、これ以降、各府県の貸出金利は6つの異なる定常状態に向かって、クラスターを形成しながら発散・分散する経路を辿った。以上の結果は、1927年の銀行業の参入規制強化が市場の自由競争を阻害し、金融市場統合を遅らせたとする従来の仮説と整合的である。


CIGSWorkshopとは、キヤノングローバル戦略研究所の研究員が各自行っている研究・分析の中間発表会で、アドバイザーを含む研究所メンバー及び共同研究者等の外部コメンテーターからコメントをもらい、今後の研究に生かしていくために開催されているものです。