本文へスキップ

2016年9月21日(水)13:00~15:00開催 場所:新丸ビルコンファレンススクエア Room 901東京都千代田区丸の内1-5-1新丸ビル9階

櫛田健児氏セミナー 「アルゴリズム革命の衝撃:人工知能(AI)とシリコンバレーがもたらす次なるディスラプション」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2016年9月21日にスタンフォード大学アジア太平洋研究所日本研究リサーチアソシエート櫛田健児氏のセミナーを開催しました。

160921_kushida_photo.JPG  160921_kurihara_photo.JPG  160921_bubun_photo.JPG  160921_zentai_photo.JPG 
(左から櫛田氏、栗原氏)

開催概要
題目:「アルゴリズム革命の衝撃:人工知能(AI)とシリコンバレーがもたらす次なるディスラプション」
発表者:櫛田 健児(スタンフォード大学アジア太平洋研究所リサーチアソシエート、Stanford Silicon Valley - New Japan Projectプロジェクトリーダー、CIGS International Research Fellow)
モデレーター:栗原 潤(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

プログラム
ProgramPDF:269KB


発表資料
櫛田氏発表資料PDF:3147KB


発表要旨
発表要旨PDF:526KB 12月15日に新たに追加掲載しました


発表概要
 シリコンバレーで世界をディスラプトするイノベーションが加速している。豊富になり続けるコンピューティングリソースによる人間の活動の自動化と、その途中経過にあるハイブリッド化は、あらゆる業界に及びつつある。これは2016年の途中から、人工知能(AI)の驚くべき進化が表面化したことで想像以上に早く加速している。日本の国際競争力の柱である製造業にもAIの波が押し寄せているが、それの本質的な議論は人間の活動を代替する(AI)の他に、人間の能力を補完するIntelligence Augmentation (IA)も考慮しないと進まない。素人でも熟練の仕事ができるようになるのがIAで、今までの「AIはローエンドの仕事を奪う」という着眼点よりも複雑な現実が急速に到来しつつある。今回はシリコンバレーから見るドイツのインダストリー4.0の取り組みも紹介し、シリコンバレーを日本がどのように活用すべきなのか、そして日本の今後のチャンスを模索しながら、様々な業界に及ぶ荒波の本質を紹介する。

櫛田健児氏紹介
 スタンフォード大学アジア太平洋研究所リサーチアソシエート。Stanford Silicon Valley - New Japan Projectプロジェクトリーダー。東京のインターナショナルスクールを経てスタンフォード大学で経済学と東アジア研究を専攻、カリフォルニア大学バークレーで政治学博士を修得後、現職に就く。情報通信やクラウド、政治経済分析を中心に研究。日本向けの一般書は『バイカルチャーと日本人―英語力プラスαを探る』(中公新書ラクレ)、『インターナショナルスクールの世界』(扶桑社、キンドル電子書籍)、『シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃 Fintech,IoT,Cloud Computing,AI、アメリカで起きていること、これから日本で起こること』(朝日新聞出版)など。http://www.kenjikushida.com/

 【所属】
 スタンフォード大学アジア太平洋研究所日本研究プログラム リサーチアソシエート
 Stanford Silicon Valley - New Japan Project プロジェクトリーダー

 【学歴】
 2001年6月 スタンフォード大学:経済学部、東アジア研究学部卒業(学士)
 2003年6月 スタンフォード大学:東アジア研究部、修士課程修了(修士)
 2010年8月 カリフォルニア大学バークレー:政治学部、博士課程修了(博士)

 【職歴】
 2010年9月 スタンフォード大学アジア太平洋研究所ポストドクトラル フェロー(~2011年7月)
 2011年8月 スタンフォード大学アジア太平洋研究所日本研究プログラム リサーチアソシエート(~現在)
 2016年1月 キヤノングローバル戦略研究所 International Research Fellow