本文へスキップ

2015年12月7日(月)10:00~12:00開催 場所:東京ステーションコンファレンス (東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5階)

ヴィクトル・ラーリン教授セミナー 「Russia Pacific policy in the 21st century」

 CIGSはロシアのウラジオストックにある極東連邦大学のヴィクトル・ラーリン教授のセミナーを開催しました。

  • 151207_larin_photo.JPG  151207_kotegawa_photo.JPG  151207_zentai_photo.JPG  151207_answer_photo.JPG 
    (左からラーリン氏、小手川氏)

    開催概要
    題目:「Russia Pacific policy in the 21st century」
    発表者:ヴィクトル・ラーリン(Viktor Larin)、 ロシア極東連邦大学(Far Eastern Federal University)教授
    モデレーター:キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 小手川大助

    プログラム
    ProgramPDF:117KB



    発表資料
    ヴィクトル・ラーリン教授発表資料PDF:5293KB



    発表概要
    今年2015年9月の第1回ウラジオストック国際経済フォーラムの開催にも見られるとおり、ロシア政府は東シベリアおよび極東の開発に力を入れている。ロシアの国立極東連邦大学で長らく研究所の所長を務めている教授が、この政策の周辺諸国への影響についての見通しを説明する。

    ヴィクトル・ラーリン教授紹介
    Born: 1952, Vladivostok.
    1974-1991: Lecturer, Assistant Professor, Professor, Far East National University
    1986-1991: Dean, Faculty for Oriental Studies, Far East National University
    1991-present: Director, The Institute of History, Archaeology and Ethnology of the Peoples of the Far East (IHAE FEB RAS)
    2006-present: Head, Department of International Relation and Security Studies, IHAE
    2002-present: Part Time Professor, Far East National (since 2010-Federal) University Editor-in-Chief, scientific journal of the Institute of History, Archaeology and Ethnography of the Peoples of the Far East "Russia and the Pacific." Chairman, Civic chamber of Primorye territory.