本文へスキップ

2015年9月2日(水)13:00~17:00開催 場所:経団連会館 2階 経団連ホール 東京都千代田区大手町1-3-2

CIGSシンポジウム 「2015年医療・福祉法人制度改革について」

 2015年の第189回国会に提出されている医療法、医療保険法、社会福祉法の改正は、国民生活のセーフティネットである医療・介護・福祉事業体のあり様に大きな構造変化をもたらす改革である。しかし、改正法律案作成のための論点整理の役割を担った厚労省検討会等で審議に混乱が見られたことや積み残された課題も多々あることから、国民はもとより当事者である医療・介護・福祉事業体の経営者の中にも改革内容を正確に理解できていない方々がいる模様である。
 そこで、改正法の下で実務を行う第一線の経営者と非営利事業体会計の専門家をお招きし2015年改革の本旨を明らかにすべく、CIGSは9月2日にシンポジウムを開催した。

プログラム(PDF:297KB)

シンポジウム成果報告(PDF:362KB)

150902_zentai_photo.jpg  150902_zentai2_photo.JPG  150902_zentai3_photo.JPG


開会挨拶


  • 福井 俊彦 
    キヤノングローバル戦略研究所 理事長
    150902_hukui_photo.JPG

第一部:講演

  • 松山 幸弘
    キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹
    「2015年医療・福祉法人制度改革のポイント」
    発表資料(PDF:1627KB)
    150902_matsuyama_photo.JPG
  • 森 洋一
    公認会計士
    「非営利組織のガバナンスと情報開示~社会福祉法人・医療法人制度を中心に~」
    発表資料(PDF:667KB)
    150902_mori_photo.JPG
  • 山本 敏博
    社会福祉法人聖隷福祉事業団 理事長
    「聖隷福祉事業団の経営とアメリカ視察からの考察」
    発表資料(PDF:4298KB)
    150902_yamamoto_photo.JPG
  • 土屋 了介
    地方独立行政法人神奈川県立病院機構 理事長
    「神奈川県立病院機構理事長室から見える改革の評価と県の医療政策ビジョン」
    発表資料(PDF:4234KB)
    150902_tsuchiya_photo.jpg

第二部:パネルディスカッション

  • モデレーター:
    松山 幸弘 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

    パネリスト:
    森 洋一 (公認会計士)
    山本 敏博 (社会福祉法人聖隷福祉事業団 理事長)
    土屋 了介 (地方独立行政法人神奈川県立病院機構 理事長)

    パネルディスカッション要旨(PDF:489MB)
    150902_discussion_photo.jpg