本文へスキップ

2015年8月6日(木)開催 場所:米国、ロサンゼルス

「The 17th International Conference on Human-Computer Interaction」出席報告(氏田上席研究員)

 「The 17th International Conference on Human-Computer Interaction」は、8月2日(日)から7日(金)にわたり開催され、キヤノングローバル戦略研究所の氏田上席研究員は、8月6日(木)に自ら企画したセッション「Safety and Human Factors」において、座長を務めるとともに、「Accident Analysis by Using Methodology of Resilience Engineering, High Reliability Organization, and Risk Literacy」と題する発表をおこないました。
また、以下の2件の発表の連名者となっています。
・「Some Investigations of Fukushima Dai-ichi Accidents from the Viewpoints of Human Factors」
・「Survey on Risk Management based on Information Security Psychology」
また、8月7日(金)のセッション「Interacting in complex environments」において、座長を務めました。
さらに、8月6日(木)に来年度のHCI国際会議のプログラム委員会にも参加しました。

氏田氏発表資料
「Accident Analysis by Using Methodology of Resilience Engineering, High Reliability Organization, and Risk Literacy」 PDF:699KB


なお、発表原稿は、Springerから講演集として出版されます。
著書
Book Title: Human-Computer Interaction: Users and Contexts, Springer International Publishing Switzerland.
`Accident Analysis by Using Methodology of Resilience Engineering, High Reliability Organization, and Risk Literacy`