本文へスキップ

2015年2月3日(火)13:00~18:00開催 場所:フクラシア東京ステーション 会議室K 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5階

CIGS 地球温暖化シンポジウム 「地球温暖化問題における原子力エネルギーの役割 -高温ガス炉による熱供給と高速炉による高レベル放射性廃棄物処理について-」

 2014年2月にキヤノングローバル戦略研究所では、シンポジウム「地球温暖化問題における原子力エネルギーの役割」を開催し、温室効果ガス排出量の低減を確実に実施するための方策の一つとして、その重要性が認識されている高温ガス炉の利用や、今後の我が国の原子力利用の継続において重要課題の一つとなっている高レベル放射性廃棄物の処理問題について議論しました。 同年4月には、新しいエネルギー基本計画が策定され、高温ガス炉の研究開発を進めることや、原子力発電所から出る高レベル廃棄物の減容・消滅処理を進めるための開発を行うことが盛り込まれました。 今回、第2回となった高温ガス炉と高レベル放射性廃棄物処理をテーマとしたシンポジウムでは、前回の議論をベースに、国内外の専門家を交え、我が国の高温ガス炉開発の方向性や、開発における国際協力のあり方、さらに国内外の高レベル放射性廃棄物の消滅処理の技術開発の現状や日本の取り組みの方向性について議論しました。

プログラム(PDF:116KB)

総括報告(PDF:373KB)

150203_zentai_photo.jpg 150203_zentai1_photo.JPG 150203_zentai2_photo.JPG


開会挨拶


  • 福井 俊彦 
    キヤノングローバル戦略研究所 理事長
    141202_fukui_photo.jpg

趣旨説明


  • 湯原 哲夫
    キヤノングローバル戦略研究所 理事・研究主幹
    「地球温暖化抑制と原子力の役割」
    発表資料(日本語)(PDF:1.6MB)
    141202_yuhara_photo.jpg

講演


  • Matt Richards
    Director, Engineering and Design, Ultra Safe Nuclear Corporation
    「米国の高温ガス炉の開発計画」
    発表資料(英語)(PDF:2.98MB)
    発表資料(日本語)(PDF:2.70MB)

  • 岡本 孝司
    東京大学 大学院工学系研究科 教授
    「地球温暖化抑制と原子力の役割」
    発表資料(英語)(PDF:942KB)

  • Robert W. Schleicher
    General Atomics
    「21世紀のヘリウム冷却炉EM²について
    発表資料(英語)(PDF:3.32MB)

  • 飯田 式彦
    株式会社イーツーエム
    「高速炉の役割:日本の課題(放射性廃棄物消滅処理)と 世界の課題(地球温暖化防止)」
    発表資料(日本語)(PDF:3.00MB)

ラウンドテーブルディスカッション:「地球温暖化抑制と原子力の役割」


  • 150203_matt_photo.JPG  150203_robert_photo.JPG  150203_okamoto_photo.JPG 
    左から、Richards氏、Schleicher氏、岡本氏

    150203_handa_photo.JPG  150203_kinoshita_photo.JPG  150203_matsui_photo.JPG 
    左から、飯田氏、木下氏、松井氏

    150203_ogawa_photo.JPG  150203_ujita_photo.JPG  150203_duan_photo.jpg 
    左から、小川氏、氏田氏、段氏

    モデレーター:
    湯原 哲夫 (キヤノングローバル戦略研究所 理事・研究主幹)
    ディスカッサント:
    Matt Richards (Director, Engineering and Design, Ultra Safe Nuclear Corporation)
    Robert W. Schleicher (General Atomics)
    岡本 孝司 (東京大学 大学院工学系研究科 教授)
    飯田 式彦 (株式会社イーツーエム)
    木下 幹康 (東京大学 人工物工学研究センター 客員研究員)
    松井 一秋 (一般財団法人 エネルギー総合工学研究所 研究顧問)
    小川 益郎 (日本原子力研究開発機構 原子力水素・熱利用研究センター 前センター長)
    氏田 博士 (キヤノングローバル戦略研究所 上席研究員)
    段 烽軍 (キヤノングローバル戦略研究所 主任研究員)

    ラウンドテーブルディスカッション発表資料:

    氏田 博士
    「高速増殖炉、FBRの価値」
    発表資料(日本語)PDF:827B

    段 烽軍 「Way to Low Carbon Scenario Z650」
    発表資料(英語) PDF:585KB

    木下 幹康
    「液体燃料原子力の技術的可能性-溶融塩炉-」
    発表資料(日本語)PDF:4.74MB