本文へスキップ

2015年4月9日(木)14:00~15:30開催 場所:公益財団法人 フォーリン・プレスセンター(東京都千代田区)

プレス・ブリーフィング「アジアにおけるインフラ投資:現状と行方」出席報告(瀬口研究主幹)

 国際金融分野における中国の存在感の高まりや、アジアインフラ投資銀行(AIIB)と既存の世界銀行・アジア開発銀行との関係、日本や米国のAIIB参加などを巡り、指摘や発言が相次ぐ中、公益財団法人 フォーリン・プレスセンター(FPCJ)は4月9日にプレス・ブリーフィングを開催しました。キヤノングローバル戦略研究所の瀬口研究主幹は、ブリーファーとして出席し「アジアにおけるインフラ投資:現状と行方」という題目で講演をおこないました。
 同ブリーフィングには、中国、ドイツ、イタリア、韓国、シンガポール、米国のメディアの記者20名、駐日大使館員21名を含む計46名が参加しました。

フォーリン・プレスセンターのブリーフィング開催報告へのリンク

FPCJ Press Briefing "Infrastructure Investment in Asia: Current Situation and Future"