本文へスキップ

2014年11月13日(木)10:30~11:30開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

「米国の温暖化対策・エネルギー政策の動向と見通し」開催報告

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は米国ワシントンの調査・コンサルティング会社Global Policy Group Inc.(GPG)からDouglas J. Bergner氏(President)とIan C. Graig氏(Chief Executive)を迎え、米国の温暖化対策、エネルギー政策の動向や見通しについての報告を聞き、質疑応答、ディスカッションをおこないました。

141113_Bergner_photo.jpg  141113_Graig_photo.jpg  141113_zentai_photo.jpg
(左からDouglas J. Bergner氏、 Ian C. Graig氏)

開催概要
題目:「U.S. and Energy Policy: A Post-Election Analysis」
発表者:Douglas J. Bergner, President, Global Policy Group Inc.
     Ian C. Graig, Chief Executive, Global Policy Group Inc.

発表概要
GPGの報告は、以下のアウトラインに沿ってなされました。
1. The U.S. midterm elections
2. The Climate Action Plan
3. New global climate engagement by the U.S.
4. A new focus on adaptation
5. U.S. business and climate change
6. U.S. energy policy and the energy "revolution"