本文へスキップ

2014年10月13日~14日(月・火)9:00~18:00開催 場所:センターウィリアム・ラッパード(スイス ジュネーブ パレ・デ・ナシオン)

「Tackling Agriculture in the Post-Bali Context」出席報告(山下研究主幹)


 ジュネーブに拠点を置くNPO、The International Centre of Trade and Sustainable Developmentと国際連合食糧農業機関(The Food and Agriculture Organization of the United Nations、略称FAO)との共催で、10月13日~14日に、ジュネーブにおいて「The dialogue on 『Tackling Agriculture in the Post-Bali Context』」が開催されました。
 同イベントは13日と14日、それぞれ4つのセッションで構成され、CIGSの山下一仁研究主幹は13日の第3セッション「How could new preferential trade negotiations affect markets for food and agriculture」に出席し、「FTA & Food and Agriculture trade diversion? WTO+, price or payment」という題目で発表をおこないました。


山下氏 発表資料(英語)
"FTA & Food and Agriculture trade diversion? WTO+, price or payment" PDF:397KB