本文へスキップ

2013年12月2日(月) 14:00-18:00開催 場所:新丸ビルコンファレンススクエア Room901(千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル9階)

CIGS Policy Conference: Abenomics and sustainability of the public debt

 過去1年間、日本経済の回復基調は鮮明となり、アベノミクスは成功裡に推移していると言える。そのため、財政再建に対する楽観的な見方が広がり、追加的な消費増税や公共事業費をはじめとする歳出の削減を積極的に進めようとする声が小さくなっている。このコンファレンスでは、いくつかの定量的なマクロ経済モデルに基づいて、アベノミクスが成功を収めたときに、公的債務の持続性を回復するためにどれほどの財政再建策(増税と歳出削減)が必要となるのかを議論した。3つの経済モデルによるシミュレーションの結果を示し、これらから得られる日本経済についての政策的な含意を論じた。

CIGS Policy Conferenceのまとめ

「最終的にどこまで増税すればいいのか?」(研究主幹 小林 慶一郎)

プログラムと講演者紹介(PDF:303KB)


第1部 プレゼンテーション


  • 【開会の挨拶】キヤノングローバル戦略研究所 (CIGS)理事長 福井 俊彦
    131202_fukui_photo.jpg

  • 【発表】伊藤 隆敏(東京大学大学院経済学研究科 教授/東京大学公共政策大学院 院長)
    「日本の国債累積は青天井か?」
    131202_ito_photo.jpg

  • 【発表】Selahattin IMROHOROGLU, Academic Director and Assistant Dean, IBEAR MBA Program, Marshall School of Business, University of Southern California
    「日本の政府債務と税」
    発表資料(PDF:91KB)
    131202_imrohoroglu_photo.jpg

  • 【発表】R. Anton BRAUN, Research Economist and Policy Advisor, Federal Reserve Bank of Atlanta
    「高齢化に直面する日本の公共政策への提言」
    発表資料(PDF:451KB)
    131202_braun_photo.jpg

  • 【発表】松前 龍宜(内閣府経済社会総合研究所 主任研究官)
    三論文に対するコメント
    発表資料(PDF:619KB)
    131202_matsumae_photo.jpg

第2部 パネルディスカッション


  • 【発表】高田 創(みずほ総合研究所 常務執行役員・チーフエコノミスト)
    「『アベノミクス』と『失われた20年』からの脱却」
    発表資料(PDF:356KB)
    131202_takata_photo.jpg

  • 【発表】佐藤 主光(一橋大学 国際・公共政策大学院 教授)
    「アベノミクス-国家財政の視点から」
    発表資料(PDF:3,832KB)
    131202_sato_photo.jpg

  • 【ディスカッション、Q&A】 「アベノミクスの評価と政策提言」
    パネリスト: 伊藤 隆敏
    Selahattin IMROHOROGLU
    R. Anton BRAUN
    松前 龍宜
    高田 創
    佐藤 主光
    モデレーター: 小林 慶一郎(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)
131202_zentai3_photo.jpg    131202_panel1_photo.jpg    131202_panel2_photo.jpg