本文へスキップ

2013年12月6日(金)13:00 - 17:00 開催 場所:新丸ビル9F コンファレンススクエア901 (東京都千代田区丸の内1-5-1)

CIGSシンポジウム「社会福祉法人制度の改革を考える」

 規制改革会議で介護事業・保育所を巡る規制緩和が重要テーマとなっている。これは、介護事業・保育所の中心的経営主体である社会福祉法人の業務を株式会社等に一層開放することが狙いである。また規制改革会議では、社会福祉法人のガバナンス改善と財務諸表公開徹底を提言する方向にある。これを踏まえて厚生労働省も「社会福祉法人の在り方等に関する検討会」を設置、全ての社会福祉法人の財務諸表を集めて国民に情報開示する意向の模様である。その結果、2000年の社会福祉基礎構造改革に続く第二次改革の議論が来年本格化すると予想される。この動きに対して業界関係者の関心も高い。そこで、社会福祉法人制度の改革を想定した論点整理を行った。

プログラム及び講演者紹介PDF:403KB

シンポジウム成果報告書 (松山 幸弘)PDF:461KB


131206_symposium_photo1.jpg    131206_symposium_photo2.jpg     131206_symposium_photo3.jpg

開会挨拶

  • 福井 俊彦 (キヤノングローバル戦略研究所 理事長)


    挨拶
    131206_fukui_photo.jpg

第一部:講演

  • 堤 修三 (元・大阪大学大学院人間科学研究科 教授、元・厚生労働省老健局長)


    「2000年社会福祉基礎構造改革の忘れ物」
    レジュメ1PDF:351KB
    レジュメ2PDF:314KB
    131206_tsutsumi_photo.jpg

  • 松山 幸弘 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)


    「社会福祉法人の財務データ集計結果から見える課題」
    発表資料PDF:792KB
    131206_matsuyama_photo.jpg

  • 松原 了 (社会福祉法人恩賜財団済生会 理事)


    「済生会の中期事業計画と将来ビジョン」
    発表資料PDF:3.7MB
    131206_matsubara_photo.jpg

  • 浦野 正男
    (全国社会福祉法人経営者協議会総務委員長、社会福祉法人中心会理事長)


    「これからの社会福祉法人が果たすべき役割」
    発表資料PDF:215KB
    131206_urano_photo.jpg

第二部:パネルディスカッション

  • モデレーター・大田 弘子
    (政策研究大学院大学 教授、規制改革会議議長代理、元経済財政政策担当大臣)


    パネリスト: 堤 修三 ・松山 幸弘 ・松原 了・浦野 正男

    パネルディスカション部まとめPDF:461KB
    131206_ohta_photo.jpg

131206_symposium_photo4.jpg    131206_symposium_photo5.jpg     131206_symposium_photo6.jpg