本文へスキップ

2013年11月25日(月) 14:00-16:00 開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGSセミナー「Cross Border, Cross Issue, and Cross Sector CSR」開催報告

Ms. Angela Joo-Hyun Kangによるセミナーを開催いたしました。

131125_kang_photo.jpg  131125_kurihara_photo.jpg  131125_seminar_photo.jpg
(左からMs. Angela Joo-Hyun Kang、栗原氏)

Ms. Angela Joo-Hyun Kang & 栗原氏 発表資料 (英語)
Presentation by Ms. Angela Joo-Hyun Kang & Mr. Jun KuriharaPDF:3.2MB

開催概要
題目: "Cross Border, Cross Issue, and Cross Sector CSR"
発表者: Ms. Angela Joo-Hyun Kang
      (Founder and Executive President of Global Competitiveness Empowerment Forum (GCEF))
モデレーター: キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 栗原 潤

発表概要
In the age of relentless globalization, Japanese and Korean companies are exerting effort in adjusting their overseas operations to a globalized modus operandi.
At the seminar, the speaker has addressed the issue of globalized corporate social responsibility (CSR) operations from a cross-border, cross-issue, and cross-sector perspective, which can be applicable to both Japanese and Korean transnational corporations.

発表者略歴
 アンジェラ・カン氏は、CSRや持続可能性とビジネスの健全性などを促進させることを目的に、韓国政府知識経済部の下で発足したNPO団体、グローバル競争力強化フォーラム(GCEF)の創設者および代表である。彼女はAsian Institute of Management Ramon V. Del Rosario Sr. Center for Corporate Social Responsibility主催のアジアCSRアワードの健康増進部門の審査官としても活動している。また、フランスのカルティエ本部に招かれ、カルティエ主催のウィメンズ・イニシアチブ・アワード2012においてもアジア太平洋審査員を務める。
 イギリスのGreenleaf出版社から出版された"The World Guide to CSR"で韓国の章を担当し、韓国社会福祉共同募金会が出版した"Trend and strategies of CSR"も共著した。カン氏は韓国政府の国家ブランディング大統領評議会のアドバイザーを務めた経験もあり、近年では保健福祉家族部のCommunity Relations Centerのアドバイザーを務めている。