本文へスキップ

2013年開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所

2013年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告

 若手・中堅のマクロ経済学研究者および経済物理学を研究する物理学者をメンバーとして、動学一般均衡モデルを中心としたマクロ経済学、および大規模データを用いた実証分析を中心とした経済物理学に関する研究報告を行っています。

オーガナイザー
 稲葉大 (関西大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 大西立顕 (東京大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 奴田原健悟 (専修大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 水野貴之 (国立情報学研究所・キヤノングローバル戦略研究所)
 白井大地 (キヤノングローバル戦略研究所)



第32回
●日 時: 2013年11月28日(木) 18:00-20:00
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 後閑洋一 (GOKAN, Yoichi), 立命館大学


第31回
●日 時: 2013年10月24日(木) 17:00-19:30
●発表者: 廣瀬康生 (HIROSE, Yasuo), 慶應義塾大学
●タイトル: "Zero Lower Bound and Parameter Bias in an Estimated DSGE Model" (with Atsushi Inoue)
●Abstract: This paper examines how and to what extent parameter estimates can be biased in a dynamic stochastic general equilibrium (DSGE) model that omits the zero lower bound constraint on the nominal interest rate. Our experiments show that most of the parameter estimates in a standard sticky-price DSGE model are not biased although some biases are detected in the estimates of the monetary policy parameters and the steady-state real interest rate. Nevertheless, in our baseline experiment, these biases are so small that the estimated impulse response functions are quite similar to the true impulse response functions. However, as the probability of hitting the zero lower bound increases, the biases in the parameter estimates become larger and can therefore lead to substantial differences between the estimated and true impulse responses.


第30回
●日 時: 2013年8月21日(水) 12:00-13:00
●発表者: 大庭昭彦 (OBA, Akihiko), 野村証券
●タイトル: ゲーム中の脳を測る
●Abstract: 2012年にオランダで行われた国際神経心理経済学会でのJohn P.O'Doherty氏の基調講演``Neural mechanisms underlying valuation and decision-making in social contexts''(joint with Alan N. Hampton and Peter Bossaerts)の内容を紹介する. これは,ゲームを繰り返して行っている人の脳をfMRIでモニターし,使っている戦略を外から当てるという研究である.人は「自分がどう思っていると相手が思っているか」を推定していた.


第29回
●日 時: 2013年6月13日(木) 17:00-
●発表者: 上田晃三(UEDA, Kozo) 早稲田大学
●タイトル: Micro Price Dynamics during Japan's Lost Decades


第28回
●日 時: 2013年3月14日(木) 15:00-16:30
●発表者: 平野智裕(HIRANO, Tomohiro) 東京大学
●タイトル: Asset Bubbles and Bailout
(coauthored with Masaru Inaba and Noriyuki Yanagawa)
●Abstract: This paper theoretically investigates the relationship between asset bubbles and government bailouts. We analyze how the anticipated bailouts affect the existence of asset bubbles, production efficiency, and boom-bust cycles. Moreover, we examine welfare effects of the anticipated bailout, and consider optimal bailout policies for tax payers and for rescued entrepreneurs.




2017年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2016年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2015年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2014年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2012年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2011年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2010年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告



問い合わせ先
報告・参加希望は、
キヤノングローバル戦略研究所・研究主任 稲葉大
inaba.masaru at canon-igs.orgまで。("at"の部分を@に変更してください。)

関連する研究会リンク
Macroeconomics and Econophysics Workshop
DSGE Workshop
経済理論・政策ワークショップ (Economic Theory and Policy Workshop)
明星大学 理論・計量経済学研究会 (Meisei University Economic Theory and Econometrics Institute)