本文へスキップ

2013年10月22日(火) 14:00-16:00 開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

『山を動かす』研究会メンバーによるワークショップ開催報告

 当研究所の小林研究主幹が参画している『山を動かす』研究会メンバーによるワークショップを当研究所で開催いたしました。
 『山を動かす』研究会とは、我が国の資本生産性を向上させるための株式市場改革について議論している私的な研究会で、最近三つの論文を議論の中間報告として発表したのを機に、今回のワークショップを企画いたしました。

131022_nakagami_photo.jpg  131022_sugiura_photo.jpg  131022_horie_photo.jpg
(左から中神氏、杉浦氏、堀江氏)
131022_kobayashi_photo.jpg  131022_seminar_photo2.jpg  131022_seminar_photo1.jpg
(小林氏)

<発表テーマ・発表者>

1. 「資本生産性は倍増できる」
        発表者: 『山を動かす』研究会 幹事 中神康議
2. 「企業価値向上の観点からのコード(原則)の活用~各国の取組みと 日本への示唆~」
        発表者: みずほ証券経営調査部 上級研究員 杉浦 秀徳
                              発表資料PDF:2.3MB
3. 「日本企業の企業価値向上に向けた提言(案)~機関投資家と企業経営者双方をパートナー化するには~」
        発表者: 野村総合研究所 上席研究員 堀江 貞之
                              発表資料PDF:575KB
モデレーター: キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 小林 慶一郎

上記発表の論文については、こちらからご参照ください。