本文へスキップ

2013年9月2日(月)10:00~16:50 & 3日(火)10:00~15:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

統数研共同研究集会「経済物理学とその周辺」H25年度第一回研究会

 2013年9月にキヤノングローバル戦略研究所(CIGS)において、国内の経済物理学研究者を集め、統数研共同研究集会「経済物理学とその周辺」H25年度第一回研究会を開催しました。

アジェンダ

AgendaPDF:204KB


挨拶

  • 福井 俊彦
    キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 理事長

    130902_fukui_photo.jpg

Session 1 Chair: 水野 貴之(国立情報学研究所,総研大情報,CIGS)

  • 「経済社会データおよび環境データを用いた定量的リスク評価の試み」

    発表者:
    佐藤彰洋 (京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻)

    共同研究者:
    澤井秀文(独立行政法人情報通信研究機構)


       経済社会データおよび環境データに基づいた日本の主要694都市の自然災害リスクの分析結果の報告を行った。アメリカ海洋大気圏局により公開されている過去1000年間に発生した津波カタログデータを用いた日本国内の物理的エクスポジャーの計算を行い、津波被害の都市ごとのリスクについて調べた。

    130902_sato _photo.jpg
  • 「株式市場における動的相関構造のネットワーク解析」

    発表者:
    新井 優太(新潟大院自然)

    共同研究者:
    吉川 丈夫(新潟大院自然)
    家富 洋(新潟大理)


    130902_arai_photo.jpg
  • 「銀行・企業間貸借ネットワークにおける信用構造」

    発表者:
    松浦 裕貴(新潟大院自然)

    共同研究者:
    飯野 隆史(新潟大理)
    家富 洋(新潟大理)


    130902_matsuura_photo.jpg
  • 「金融ネットワークの国際ワークショップNAIMでの研究動向」

    発表者:
    前野 義晴(NEC)


    130902_maeno_photo.jpg

Session 2 Chair: 藤本 祥二(金沢学院大学,CIGS)

  • 「ヒット現象の数理モデルの選挙への応用~AKB総選挙を例として~」

    発表者:
    石井 晃(鳥取大学大学院工学研究科)

    共同研究者:
    太田 奨(鳥取大院工)
    小口 日出男(エムデータ)
    内山 幸樹(ホットリンク)


    130902_ishii_photo.jpg
  • 「ヒット現象の数理モデルを応用した江戸の商業と文化-江戸末期を中心に-」

    発表者:
    川畑 泰子(九州大学 芸術工学府)

    共同研究者:
    源田 悦夫(九州大学 芸術工学府)
    石井 晃(鳥取大学大学院工学研究科)



    発表資料PDF:11.7MB

  • 「ゆらぎのスケーリングとブログ書き込み数時系列解析への応用」

    発表者:
    渡邊 隼史(ホットリンク)

    共同研究者:
    佐野 幸恵(日大理工)
    高安 秀樹(ソニーコンピュータサイエンス研究所・明治大学先端数理)
    高安 美佐子(東京工業大学大学院総合理工学研究科)


    130902_watanabe_photo.jpg
  • 「日本企業間取引ネットワークを用いた日本経済のストレステストの提案」

    発表者:
    高安 美佐子(東京工業大学大学院総合理工学研究科)


    130902_takayasu_photo.jpg

Session 3 Chair:大西 立顕(CIGS, 統計研究会)

  • 「人口分布と可住地面積分布の集積効果」

    発表者:
    藤本 祥二(金沢学院大学,CIGS)

    共同研究者:
    大西 立顕(CIGS,統計研究会)
    水野 貴之(国立情報学研究所,総研大情報,CIGS)
    清水 千弘(麗澤大経済)
    渡辺 努(東大経済,CIGS)


    発表資料PDF:1.0MB
    130902_fujimoto_photo.jpg
  • 「Multifractal Random Walk とNews Impact」

    発表者:
    黒田 耕嗣(日本大学大学院総合基礎科学研究科)


    発表資料PDF:115KB
    130902_kuroda_photo.jpg
  • 「日米株式市場におけるフラストレーション構造の進化」

    発表者:
    家富 洋(新潟大理)

    共同研究者:
    吉川 丈夫(新潟大院自然)


    130902_ietomi_photo.jpg
  • 「金融商品の網羅的観測所設立の必要性について」

    発表者:
    高安 秀樹(ソニーコンピュータサイエンス研究所・明治大学先端数理)


    130902_takayasu hideki_photo.jpg

講演「Stochastic Macro-equilibrium and A Microfoundation for the Keynesian Economics」

  • 吉川 洋
    東京大学大学院経済学研究科




    130902_yoshikawa you_photo.jpg

Session 4 Chair: 水野 貴之(国立情報学研究所, 総研大情報, CIGS)

  • 「放射線:損傷と修復の攻防-スケーリング則」

    発表者:
    坂東 昌子(NPO法人 知的人材ネットワークあいんしゅたいん)

    共同研究者:
    真鍋 勇一郎(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)




    130902_bandou_photo.jpg
  • 「生物の放射線リスク評価モデルの実験結果への適用」

    発表者:
    真鍋 勇一郎(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻)

    共同研究者:
    坂東 昌子(NPO法人 知的人材ネットワーク あいんしゅたいん)



    130902_manabe_photo.jpg
  • 「東京圏における住宅バブルの定量化」

    発表者:
    大西 立顕(CIGS,統計研究会)

    共同研究者:
    水野 貴之(国立情報学研究所,総研大情報,CIGS)
    清水 千弘(麗澤大経済)
    家富 洋(新潟大理)
    渡辺 努(東大経済,CIGS)


       価格分布の形状から住宅バブルの度合いを定量化する手法を開発した。この手法を東京圏の中古マンションの取引データに適用し、バブルの度合いの時空間パターンを抽出した。抽出した時空間構造から住宅バブルの形成・崩壊過程を観測した。さらに、住宅価格のベキ分布が生成されるメカニズムについても考察した。
    130902_oonishi_photo.jpg

Session 5 Chair: 大西 立顕(CIGS, 統計研究会)

  • 「Ranking the economic importance of countries and industries」

    発表者:
    山崎 和子(東京情報大学)

    共同研究者:
    Li Wei(Boston University)
    Kenett Dror Y.(Boston University)
    Stanley H. Eugene(Boston University)
    Havlin Shlomo(Bar-Ilan University)


    130902_yamazaki_photo.jpg
  • 「ニュースの新規性と市場の反応」

    発表者:
    水野 貴之(国立情報学研究所, 総研大情報, CIGS)

    共同研究者:
    大西 立顕(CIGS, 統計研究会)
    渡辺 努(東大経済, CIGS)


    論文資料PDF:201KB
    130902_mizuno_photo.jpg
  • 「外国為替レート時系列の変動の不安定性とパターン・エントロピー」

    発表者:
    石崎 龍二(福岡県立大学人間社会学部)


       外国為替レート時系列の局所的な変動に着目し、1次元時系列から構成したパターン・エントロピーにより、時間的に局所的な変動の複雑さの数値化、複数時系列から構成したパターン・エントロピーにより、大域的で時間的に局所的な変動の複雑さの数値化を行った。

    130902_ishizaki_photo.jpg
  • 「FXにおける幾何学的トレーディング方法の検討」

    発表者:
    下浦 一宏(NPO法人科学カフェ京都)


       ロジスティック写像の合成により、価格変動現象(トレンド、トレンド転換、エリオット波動、暴落等)を記述できる可能性を指摘した。また局所的法則性に基づく幾何学検討により、統計的法則性に基づくシステムトレードに勝てる可能性を指摘した。

    発表資料PDF:3.2MB
    130902_shimoura_photo.jpg