本文へスキップ

2013年1月23日(水) 15:00-17:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

DRC 張 文魁氏を囲むワークショップ 開催報告

ジェトロ・アジア経済研究所、渡邉 真理子氏(CIGS美根研究主幹研究会メンバー)のご紹介により、張 文魁氏をCIGSにお招きし、ワークショップを開催いたしました。

130123_zhang_photo.jpg  130123_watanabe_photo.jpg  130123_workshop_photo.jpg
(左より張氏、渡邉氏 )


開催概要
題目: "Can We Expect Any Breakthrough in China's Economic Reforms?"
発表者: 中国国務院発展研究中心(DRC) 企業研究所副所長 張 文魁氏
モデレーター: ジェトロ・アジア経済研究所 渡邉 真理子氏

発表者紹介
張 文魁 Zhang Wen Kui
(中国国務院発展研究中心(DRC)・企業研究所副所長)※DRCは政府系シンクタンク
1964年湖南省生まれ。1983年湖南大学卒、1990年中国人民大学修士。1996~1998年ハーバード大学に留学。1990年より国務院発展研究センターにて勤務、産業部室主任などを経て、2001年より同センター企業研究所副所長。主な研究テーマはコーポレートガバナンス、コーポレートファイナンス、国有企業改革など。現在ハーバード大学ケネディスクール付属アシュ・センターの客員研究員としてアメリカに滞在中。

モデレーター紹介
渡邉 真理子
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、地域研究センター東アジア研究グループ長。 CIGS美根研究主幹の研究会メンバー。