本文へスキップ

2011年9月8日(木) 13:30 - 15:30開催 場所:LEVEL XXI (レベル21)  (東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル21F)

瀬口清之研究主幹 講演会「中国市場の拡大は日本経済復活の大きなチャンス~『中国進出が日本経済の空洞化を招く』との見方は事実誤認 ~」

キヤノングローバル戦略研究所の瀬口清之研究主幹が、中国の経済成長の行方と震災後の日本経済の復興について講演をおこないました。

0908_seguchi1.jpg 0908_seguchi2.jpg 0908_seguchi3.jpg

講演資料

中国市場の拡大は日本経済復活の大きなチャンス~ 「中国進出が日本経済の空洞化を招く」との見方は事実誤認 ~(PDF:1.5MB)


プログラム

プログラム(PDF:180KB)


質疑応答

質疑応答要旨(PDF:210KB)




瀬口清之 略歴

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹/アジアブリッジ(株)代表取締役
1982年東京大学経済学部卒業後、日本銀行入行。1991年4月より在中国日本国大使館経済部書記官、 帰国後1995年6月より約9年間、経済界渉外を担当。2004年9月、米国ランド研究所にてInternational Visiting Fellowとして日米中3国間の政治・外交・経済関係について研究。2006年3月より日本銀行北京事務所長。2009年3月末日本銀行退職後、同年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹。杉並師範館塾長補佐(2011年3月閉塾)。2010年11月、アジアブリッジ(株)を設立。2011年4月、筑波大学客員教授。