本文へスキップ

2010年9月22日(水)13:00-17:45開催 場所:経団連会館(千代田区大手町1-3-2)

シンポジウム「問われる資源戦略」-資源セキュリティと海洋産業立国の推進

キヤノングローバル戦略研究所「海洋立国研究会」では海底熱水鉱床開発に注目、開発と共にそれを担う新たな海洋産業創出を目標に活動を行ってきました。その活動成果の報告とあわせ、ノルウェーの海底資源開発事例を参考にするとともに、排他的経済水域(EEZ)を巡る安全保障を考慮した熱水鉱床開発の早期実現、産業化について議論し、我が国が進むべき今後の方向性について提言を行うべく、「問われる資源戦略~資源セキュリティと海洋産業立国の推進~」シンポジウムを開催しました。

主催者挨拶

  • キヤノングローバル戦略研究所 理事長 福井俊彦

    fukui.JPG
  • 湯原 哲夫 キヤノングローバル戦略研究所理事/研究主幹

    yuhara.JPG

第一部 海底資源開発の意義とその方式及び課題

  • 発表者:上之門 捷二 キヤノングローバル戦略研究所客員研究員
    「海底資源開発の意義と課題」

    kaminokado.JPG
  • 発表者:Johan Alstad, Deputy Director-General, The Norwegian Ministry of Oil and Petroleum
    "Resource management and nation building"

    alstad.JPG

パネルディスカッション・質疑応答

  • 発表者:谷口 正次 資源・環境戦略設計事務所代表
    「強まる陸上資源制約」

    taniguchi.JPG
  • 発表者:髙島 正之 社)日本プロジェクト産業協議会 海洋資源事業化研究会主査
    「海底鉱物資源開発プロジェクト-海底熱水鉱床、コバルトリッチクラストなど-」

    takashima.JPG
  • 発表者:小林 慶一郎 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹(マクロ経済)
    「海底資源開発の課題 -経済的見地から-」

    kobayashi.JPG
  • パネリスト:
    谷口 正次氏
    髙島 正之氏
    Johan Alstad氏
    小林 慶一郎氏
    上之門 捷二(モデレーター)

    パネルディスカッション及び質疑応答要旨PDF:256KB

第二部 EEZの境界画定をめぐる動向と日本の海洋開発を安全に行うための課題

  • 発表者:上之門 捷二 キヤノングローバル戦略研究所客員研究員
    「排他的経済水域(EEZ)と日本の海洋開発」

    kaminokado.JPG
  • 発表者:Commander James Kraska, US Naval War College
    "Activities in the EEZs and the East Asian Situation"

    kraska.JPG

パネルディスカッション・質疑応答

  • 発表者:古庄 幸一 NTTデータ特別参与
    「日本周辺国の動向と海洋開発に伴う日本の抑止力」

    furusho.JPG
  • 発表者:宮家 邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹(外交・安全保障)
    「EEZと日米安保体制 -抑止は本当に機能するのか-」

    miyake.JPG
  • パネリスト:
    James Kraska氏
    古庄 幸一氏
    宮家 邦彦氏
    上之門 捷二(モデレーター)

    パネルディスカッション及び質疑応答要旨PDF:235KB

シンポジウム総括

  • 湯原 哲夫 キヤノングローバル戦略研究所理事/研究主幹