本文へスキップ

2010年開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所

2010年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告

 若手・中堅のマクロ経済学研究者および経済物理学を研究する物理学者をメンバーとして、動学一般均衡モデルを中心としたマクロ経済学、および大規模データを用いた実証分析を中心とした経済物理学に関する研究報告を行っています。

オーガナイザー
 稲葉大 (関西大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 大西立顕 (東京大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 奴田原健悟 (専修大学・キヤノングローバル戦略研究所)
 水野貴之 (国立情報学研究所・キヤノングローバル戦略研究所)
 白井大地 (キヤノングローバル戦略研究所)



第10回
●日 時: 2010年12月2日(木) 18:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 荒牧英治 (ARAMAKI, Eiji), 東京大学 知の構造化センター 講師、 科学技術振興機構 さきがけ「情報環境と人」研究員
●タイトル: 自然言語処理のこれまでとこれから
●Abstract: 近年ウェブの発達にともない利用可能なテキスト情報が増加するとともに、言語処理のニーズは高まっています。しかし、言語処理技術は、一部の学習系の研究 者やIT企業にとっては親しみがあるものの、まだ一般的な認知度が低い状態です。その結果、不幸にも「言語処理はA(例えば、検索クエリのサジェスト)は できても、B(文法チェック、WORDの赤や緑の下線を適切に出す)もできないのか」など、否定的なコメントを受けることもしばしばです。本発表では、これまでの言語処理研究の流れ、最近のトレンド、現状での応用についてお話し、正しい言語処理との付き合い方、応用の機会を模索できればと思います。
オーガナイザー: 水野貴之, 大西立顕


第9回
●日 時: 2010年11月29日(月) 17:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: Yi-Chan Tsai (東京大学)
●タイトル: News Shocks and Costly Technology Adoption
●Abstract: I study the macroeconomic response to news of future technological innovation under the assumption that firms cannot frictionlessly shift from existing capital stocks to new varieties associated with the impending advance in technology. Combining this new element with variable capital utilization and preferences designed to minimize wealth effects on labor supply, I develop a model that simultaneously accounts for four stylized facts: (1) slow diffusion of new technologies, (2) lumpiness in microeconomic investment, (3) stock prices leading measured productivity, and (4) comovement of consumption, investment and labor hours. On news of a coming technological innovation, firms begin to invest in new capital goods which will allow them to benefit from the innovation once it arrives. Because fixed costs lead some to delay adoption, there is slow diffusion of the new technology. At the firm level, investment in new technology follows an (S, s) rule, and at the aggregate level the model generates a hump-shaped investment pattern typical of the data. Moreover, the introduction of new capital causes the price of old capital to fall, leading stock prices to rise on news of the new technology. Finally, variable capital utilization slows the onset of diminishing returns to labor, so that work hours rise instantly, permitting rises in both consumption and investment.
オーガナイザー:稲葉 大


第8回
●日 時: 2010年10月22日(金) 18:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 石川温 (ISHIKAWA, Atsushi) (金沢学院大学)
●タイトル: Cobb-Douglas型生産関数の起源と技術(TFP)の分布
●要旨:
 長期に渡る世界各国の企業サイズ(売上、資産、従業員数)を分析し、それがラージスケールで冪分布することを報告する。さらに、国別の冪指数の振舞いについ て議論する。 データベースはBureau van Dijk社のORBISを用いる。これは、世界各国(西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、北アメリカ、中央・南アメリカ、 日本、中国など)約6千3百万社を含む、大規模企業情報データベースである。 次に、売上、資産、従業員数の間に成立する詳細準釣合則とGibrat則により、それらの冪指数の間の関係が、説明できることを報告する。その過程 で、(売上,資産,従業員数)空間の中の対称平面として、生産関数の関数形がCobb-Douglas型に定まることを述べる。 最後に、Cobb-Douglas型生産関数から定義される、企業の技術(TFP)もラージスケールで冪分布すること、生産の弾力性が資産、売上の冪指数と関係することを報告する。
●オーガナイザー: 大西立顕水野貴之稲葉 大


第7回
●日 時: 2010年9月2日(木) 18:00-
●発表者: 高準亨 (Ko Jun-Hyung) (一橋大学)
●タイトル: The Great Moderation in the Japanese Economy
●要旨:
Output volatility and labor input behavior of the postwar Japanese economy are modeled as a time-varying VAR with drifting coefficients and stochastic volatilities. In line with Gali and Gambetti (2009), we search for the changing patterns and the sources of the macroeconomy. Our main finding is that timing and persistence of the Great Moderation phenomenon in Japan are very different from those for other G7 countries. The moderation of output has occurred since the middle of 1970s but was not persistent. Secondly, the sources of the volatility is different for each macro variable. The technology shock is responsible for the output volatility, while the volatility of labor input is largely attributed to the non-technology shocks. Thirdly, the correlation among these macro variables and both conditional and unconditional second moments have changed in a time varying manner. It suggests that labor market dynamics also have changed several times.
●オーガナイザー: 稲葉 大


第6回
●日 時: 2010年8月12日(木) 17:30-
●発表者: 石原章史 (Ishihara, Akifumi) (London School of Economics)
●タイトル: The Interaction of Explicit and Implicit Contracts with Adverse Selection
●要旨:
This paper studies the following repeated multitask agency. For the first task, the agent has private information so that the principal is faced with inefficiency due to information rent. For the second task, there is no verifiable signal so that the principal must design a self-enforcing contract to provide an incentive. The interaction of them provides us some interesting results. First, for intermediate value of the discount factor, the equilibrium is more socially efficient than when both the first and second tasks are verifiable. Second, consider the job design problem to whom the principal allocates the second task. If the second task can be allocated to the principal, she actually chooses it but it induces socially less efficiency then to allocate the agent. Even if the principal can allocate the second task to another agent, then the principal never chooses it and allocates the identical agent both tasks.
●オーガナイザー: 稲葉 大 (キヤノングローバル戦略研究所),奴田原 健悟(専修大学)


第5回
●日 時: 2010年7月1日(木) 18:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 白井 大地 (Shirai, Daichi) (日本経済研究センター研究員) (with 竹田,打田,小巻,地主)
●タイトル:
Aggregate Effects of the Composition of Government Spending in Multi-Sector Dynamic General Equilibrium Models: Spatial VAR Estimation
●オーガナイザー: 稲葉 大 (キヤノングローバル戦略研究所)


第4回
●日 時: 2010年6月24日(木) 18:00-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 水野 貴之 (Mizuno, Takayuki) (一橋大学・キヤノングローバル戦略研究所)
●タイトル: 資産価格の経済物理学


第3回
●日 時: 2010年5月24日(月) 16:00-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 陣内 了 (Jinnai, Ryo) (Texas A&M)
●タイトル: Intangible Capital, Asset Prices, and Business Cycles
●オーガナイザー: 奴田原健吾 (専修大学・キヤノングローバル戦略研究所)


第2回
●日 時: 2010年3月26日(金) 17:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第1会議室
●発表者: 稲葉 大 (Inaba, Masaru) (キヤノングローバル戦略研究所)
●タイトル: 景気循環会計による金融危機の日米比較


第1回(金融研究会 Financial Economics Workshop と共同開催)
●日 時: 2010年1月22日(金) 17:30-
●場 所: キヤノングローバル戦略研究所 第3会議室
●発表者: 大西 立顕 (Ohnishi, Takaaki) (キヤノングローバル戦略研究所)
●タイトル: 経済物理学による大規模データを用いた実証分析




2017年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2016年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2015年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2014年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2013年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2012年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告
2011年 Macroeconomics and Econophysics研究会 開催報告



問い合わせ先
報告・参加希望は、
キヤノングローバル戦略研究所・研究主任 稲葉大
inaba.masaru at canon-igs.orgまで。("at"の部分を@に変更してください。)

関連する研究会リンク
Macroeconomics and Econophysics Workshop
DSGE Workshop
経済理論・政策ワークショップ (Economic Theory and Policy Workshop)
明星大学 理論・計量経済学研究会 (Meisei University Economic Theory and Econometrics Institute)