本文へスキップ

2010年6月2日(水)15:00 - 16:30開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS Workshop 「フランスの財政・予算・公会計改革の現状」 柏木主任研究員

財政健全化には、予算→執行→決算→評価→予算のサイクルと、公会計の整備、透明性の高い監査、国民に対する情報開示が必要である。わが国でも個別に取り組んだが、有機的に結合していない。フランスでは2001年に法改正し、予算・会計・評価の改革とITの近代化を行い、さらにサルコジ政権になり事業仕分けも行った。それらの取り組みを紹介する。

発表風景




CIGS Workshopとは、キヤノングローバル戦略研究所の研究員が各自行っている研究・分析の中間発表会で、アドバイザーを含む研究所メンバー及び共同研究者等の外部コメンテーターからコメントをもらい、今後の研究に生かしていくために開催されているものです。