本文へスキップ

2010年3月9日(火)15:00 - 16:30開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS Workshop 「英国NHSにおける医療サービスIT化の現状」 柏木主任研究員

先進諸外国は医療費を抑えつつ、質の高い医療を提供する制度設計が急がれており、正確な医療データとネットワーク構築においてITの果たす役割は大きい。英国では全国民の患者記録を整備し、国民自身が医療選択と健康管理ができるように2002年から124億ポンド投資し全国共通システムを構築している。これに対する財政と課題について明らかにした。

発表風景



本報告は2009年12月6日の国際公共経済学会で報告し、2010年9月発行の『国際公共経済研究』No.21に「ブレア政権医療改革の過程およびその成果と課題―英国NHSにおける医療サービスIT化の現状―」として掲載されているものである。



CIGS Workshopとは、キヤノングローバル戦略研究所の研究員が各自行っている研究・分析の中間発表会で、アドバイザーを含む研究所メンバー及び共同研究者等の外部コメンテーターからコメントをもらい、今後の研究に生かしていくために開催されているものです。