本文へスキップ

2009年10月30日(金) 14:15〜16:00開催 場所:新丸の内ビル9階コンファレンススクエアRoom902

エズラ・ヴォーゲル教授特別講演会「日米中関係の最近の動向」

ハーバード大学エズラ・ヴォーゲル教授をお招きして、「日米中関係の最近の動向」をテーマに特別講演会を開催しました。

 

概要報告/Summary

<日本語版>エズラ・ヴォーゲル教授特別講演会

<English>A CIGS Special Seminar with Professor Ezra F. Vogel


当日配布資料

Cambridge Gazette: Politico-Economic Commentaries No.1(August 31, 2009)

Cambridge Gazette: Politico-Economic Commentaries No.2(November 6, 2009)

エズラ・ヴォーゲル教授 略歴
社会学者。1930年アメリカ・オハイオ州生まれ。1958年ハーバード大学で博士号を取得、1967年同大学教授。1972年同大学東アジア研究所所長に就任。2000年より、ハーバード大学ヘンリー・フォード2社会科学リサーチプロフェッサー。「Japan As Number One: Lessons for America」の著者。