本文へスキップ

2015.11.02

「東京=ケンブリッジ・ガゼット:グローバル戦略編」第79号(2015年11月)

小誌は大量の資料を網羅的かつ詳細に報告するものではない-筆者が接した情報や文献を①マクロ経済、②資源・エネルギー、環境、③外交・安全保障の分野に関し整理したものである。紙面や時間の制約に加えて筆者の限られた能力という問題は有るが、小誌が少しでも役立つことを心から願っている。

  • 栗原 潤
  • 研究主幹
    栗原 潤
  • [研究分野]
    米国情報・ネットワーク

 グローバルな経済活動が深化・複雑化し、技術進歩と共に、それを主因とする格差が世界中に拡散している。これに関連し、元世銀チーフ・エコノミストのフランソワ・ブルギニョン教授による本(The Globalization of Inequality, Princeton University Press, April 2015)を巡って内外の友人と意見交換を行っている。同書は教授による優れた著作(La mondialisation de l'inégalité, Paris: Seuil, 2012)の英訳で、訳本の冒頭、内容的にはデータを更新した以外は変更が殆ど無いと記されている。だが実際に読むと、章立てが変わった事に加え、データだけでなく重要な部分--例えば格差に関する最新かつ重要な諸研究--が注釈として加えられている。筆者は友人達に向けて「別の本、或いはrevised and expanded editionと示す方が良いかも?」とメールで送った次第だ。ただ、格差に関する研究活動は、研究の対象である格差の"実態"と同様に複雑化し、加えて日ごとに進化・細分化しているため、こうした翻訳におけるタイミングの"ズレ"が、微妙だが明瞭な違いを発生させるのは無理もない話だ。

 文学賞こそ叶わなかったものの、日本人によるノーベル賞受賞は嬉しい限りだ。またスヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ女史の文学賞にも喜んでいる。読者諸兄姉の中にはお気付きの方が多いと考えるが、小誌Nos.72,74(本年4, 6月号)の中で、彼女の著書(『チェルノブイリの祈り(«Чернобыльская молитва»)』)を部分的に引用している。引用の理由は、ソ連の原発事故に対する彼女の取材力と筆致に感銘を受け、「諸兄姉が同書を通じて、不慮の大事故に対する警戒心を強めてくれたなら」と願ったからだ。因みに初めて彼女を知ったのは、NHKの鎌倉英也氏による本(『ノモンハン 隠された「戦争」』)の中であり、更に興味深いことにノモンハンに関して、彼女と共に受賞が期待された村上春樹氏の長編小説(『ねじまき鳥クロニクル』)にも優れた記述がなされている。ノモンハンは昭和の教訓として忘れる訳にはいかない。ただ、チェルノブイリと同様、多面的な史実を理解するには外国語文献に目を通す必要があり、専門家による解説が今後も数多く発表される事を願っている。

 最近の日本語文献では、秦郁彦氏の著作--「ノモンハン戦敗北人事の決算--無断退却から自決強要まで--」(『軍事史学』 2013年6月)等を収めた『明と暗のノモンハン戦史』(2014年)--が興味深い。また英語では知人であるゴールドマン氏の著作(Nomonhan, 1939: The Red Army's Victory That Shaped World War II, Naval Institute Press, 2012)が筆者の知り得る最新文献だ。素人かつロシア語に疎い筆者は古い文献資料--①ジューコフ将軍回想録(«Воспоминания и размышления»)や一橋大学の田中克彦名誉教授の翻訳で初めて知った②(従軍記者)シーモノフ回想録(«Далеко на Востоке (Халхин-гольские записки)»)等--を、"牛歩の歩み"で読んでいる。①の中には多くの日本語文献で紹介されている記録--即ち、スターリンやカリーニン等ソ連の指導者の前で将軍が行った報告「日本兵は良く訓練され、特に至近戦で屈強...若い指揮官は..."ハラキリ"を厭わない。だが... 高級将校と最高指揮官は訓練が足りず、紋切り型行動に陥っている」が収録されている。また②の中で著者は、優れた日本の将兵を数多く死なせた小松原道太郎将軍に関し、「麾下の2個師団を死滅の境地に陥らせたこの愚陋な将軍は、本来、日本の名誉の概念からすれば..."ハラキリ"をすべきであった」と手厳しい審判を下している。かくして大変興味深いことに、共に1969年に発表された回想録①と②は、"ハラキリ(харакири)"という言葉を共に使い、優れた人物がхаракириをして、харакириすべき人物が生き残るという、当時の帝国陸軍の特徴--アカロフ教授が示唆したgeneralized Gresham's lawの存在--を指摘している。

 冒頭に記した格差問題では、如何に研究が進化しても、それが現実の政策に投影され、問題解決にまで至らなければ実学たる経済学は意味をなさない。またチェルノブイリやノモンハンも、その教訓を後人が記憶していなくては、同種の不幸を後日招来することになる。このことを我々は銘記しなくてはならない。


→全文を読む

「東京=ケンブリッジ・ガゼット:グローバル戦略編」第79号(2015年11月)PDF:319.2 KB

同シリーズコラム

同シリーズコラムをもっと見る

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる