本文へスキップ

2018.02.01

安倍官邸とマスコミの大罪-キャッチコピーが招く農政改革の後退-

金融財政ビジネス 2018年1月11日掲載

  • 山下 一仁
  • 研究主幹
    山下 一仁
  • [研究分野]
    農業政策・貿易政策

 安倍政権はスローガンやキャッチコピーを多用して高い支持率を維持する一方、農業関係の改革や政策の中身は農林水産省や自民党農林族に丸投げしてきた。立派なキャッチコピーの裏側で改革は骨抜きにされ、既得権は温存・拡充された。しかも、減反ではマスコミが首相官邸作成のフェイクニュースに加担し、改革とは真逆の政策見直しを大改革に仕立て上げてしまった。減反が廃止されたのなら、廃止すべき減反はもはや存在しないことになる。丸投げされた農業村によって必要がない環太平洋連携協定(TPP)対策も講じられる。安倍政権の後ろで農業村が笑っている。・・・


→全文を読む

安倍官邸とマスコミの大罪-キャッチコピーが招く農政改革の後退-PDF:492.0 KB

山下 一仁 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

山下 一仁 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる