本文へスキップ

2018.01.11

更に収納率を向上させるためには <第4回 先進的で効率的な徴収手法③-電子預金調査と電子差押->

群馬の国保 No.20 に掲載

  • 柏木 恵
  • 研究主幹
    柏木 恵
  • [研究分野]
    財政・社会保障
はじめに

 本稿は、4回の連載を通じて、国保税収納率の向上について検討する。第1回は群馬県市町村国保税の実態と取り巻く状況について述べた。第2回は、さらなる収納率の向上のために先進的で効率的な徴収手法として、徴収一元化と共同徴収について述べた。第3回はITを活用した自動音声電話催告システムを取り上げた。最終回の第4回目は電子預金調査と電子差押を取り上げる。

 滞納者が納付に応じない場合に、財産調査、差押、換価と進んでいくが、不動産差押よりも、給与口座などの預貯金差押が手間もかからずに確実に収納できる。しかし、預貯金調査と預貯金差押は、金融機関の協力が必要であり、自治体も金融機関も相当な時間を使い、コストをかけているのが実情である。それを改善するために、電子預金調査と電子差押を進めることが双方の効率化となる。金融機関は、自治体にとって大事なパートナーである。その連携を効率化することは、自治体にとって、とても価値がある。・・・



更に収納率を向上させるためには <第4回 先進的で効率的な徴収手法③-電子預金調査と電子差押->PDF:1.1 MB

同シリーズコラム

柏木 恵 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

柏木 恵 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる