本文へスキップ

2009.08.03

地域医療経営のガバナンスの国際比較(第1回)カナダ

Monthly IHEP 2009 7月号No.177

  • 松山 幸弘
  • 研究主幹
    松山 幸弘
  • [研究分野]
    財政・社会保障
はじめに
平成21年度補正予算において、地域医療再生臨時特例交付金3,100億円が確保され都道府県に交付されることとなった。その目的は、地域医療再生計画に則って圏域内の施設間の役割を明確化し、機能分化と連携を促進するとともに、在宅医療を提供する体制を強化すること、将来にわたって持続可能で安定的な救急医療提供体制、周産期医療体制を構築することにある。図表1のとおり、人口比で見たわが国の病院数は、諸外国に比べて突出して多い。これは、わが国の病院の機能分化が遅れていることが一因である。

地域医療経営のガバナンスの国際比較(第1回)カナダPDF:28.1 KB

同シリーズコラム

松山 幸弘 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

松山 幸弘 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる