本文へスキップ

2018.12.03

省エネとは何だろうか?

一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター 隔月刊「エレクトロヒート」 No. 222 (2018) に掲載

  • 杉山 大志
  • 上席研究員
    杉山 大志
  • [研究分野]
    資源・エネルギー、環境

1. エネルギーを利用する技術の進歩

 エネルギーを利用するにはかならず何らかの機器を使うことになる。このとき、その機器の善し悪しによって、同じエネルギーから得られるサービスの量は随分と変わる。

 薪を拾って、それを集めて燃やすと、肉を焼くことができる。人類は、始めはそうしていたけれど、やがて薪をいったんカマドの中に入れて、空気をあまり入れないようにして焼き、炭を作るようになった。更に、炭は単に燃やすのではなく、七輪コンロの中で使うと、 少しの炭でも効率良く使って、長い時間にわたり調理に利用出来るようになった。

 このように、機器が進歩するにつれて、少ないエネルギーで一定の目的を果たす(=サービスを提供する)ことが出来るようになる。・・・


→全文を読む

省エネとは何だろうか?PDF:2.4 MB

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

資源・エネルギー、環境 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる