本文へスキップ

2018.10.16

【合理的環境主義者の視点】CO2回収貯留技術(CCS)利用の長期戦略は?

一般社団法人 産業環境管理協会 月刊「環境管理」 Vol.54 No.10 (2018) に掲載

  • 杉山 大志
  • 上席研究員
    杉山 大志
  • [研究分野]
    資源・エネルギー、環境

CCSとは何か?

 CO2回収貯留技術(Carbon Capture and Storage, CCS)とは、火力発電所からのCO2を回収し、地中に貯留する技術である(製鉄所等の大規模な排出源もCCSの対象となるが、本稿では専ら発電所に注目する)。CCSは地球温暖化問題を引き起こすCO2の排出を削減する方法として提案され、研究されてきた。現在は、概ね基礎研究ないし実証試験段階にあり、普及段階には至っていない。

 いまパリ協定では、2℃を十分下回るという目的が国際的に合意され、これを実現するためには電力の低炭素化が最も重要な柱となる。電力の低炭素化には三つの手段があるとされる。原子力、再生可能エネルギー、CCSである。・・・


→全文を読む

CO2回収貯留技術(CCS)利用の長期戦略は?PDF:1.7 MB

同シリーズコラム

同シリーズコラムをもっと見る

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

資源・エネルギー、環境 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる