本文へスキップ

2018.07.13

【合理的環境主義者の視点】「社会のトランスフォーメーション」は必要か?

一般社団法人 産業環境管理協会 月刊「環境管理」 Vol.54 No.7 (2018) に掲載

  • 杉山 大志
  • 上席研究員
    杉山 大志
  • [研究分野]
    資源・エネルギー、環境

技術vs政策 ── 環境問題の解決には技術こそ本質

 温暖化対策の政策手段は何がよいか、というテーマは、多くの研究者のお気に入りである。排出量取引、環境税、規制、情報的手段、補助金、協定、自主的取り組み、等々......侃々諤々の議論はつきない。だがこれは、それほど重要なテーマなのだろうか?

 筆者は、制度の選択というのはたいした問題ではなく、技術こそが重要と考える。というのは、過去の公害問題はかなりの程度、技術によって解決してきたからだ。

 自動車排ガスによる大気汚染は、三元触媒等の技術によって解決した。水質汚染は、浄化設備の設置で解決した。発電所からの硫黄酸化物(SOx)の排出は、排煙脱硫装置によって解決した。フロンガスによるオゾン層破壊物質の問題は、代替フロンによって解決した。いずれも、問題が発生すると対策技術が検討され、そのコスト低減の努力が進められて、ひとたびコストが社会として受容可能な水準になると、その実装が進められて問題は解決に向かった。

 制度の選択といっても、ほとんどの場合は直接規制、補助金、自主的取り組みが活用されてきた。排出量取引、環境税等の多様な政策手段が検討され、実施に移された例は少ない。その例外に属するのは、発電所や工場からのSOx対策であろう。・・・


→全文を読む

「社会のトランスフォーメーション」は必要か?PDF:1.2 MB

同シリーズコラム

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

資源・エネルギー、環境 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる