本文へスキップ

コラム・メディア掲載

すべてのコラム一覧

「マクロ経済」コラム一覧

  • 2018.07.17

    変わる米韓同盟?日本への影響は 〜「米韓合同軍事演習中止」は東アジアに何をもたらすのか〜

    伊藤 弘太郎

     先月12日に行われた史上初の米朝首脳会談では、共同文書に完全・検証可能・不可逆的な非核化を意味する「CVID」の文言が盛り込まれなかったことが批判された。更に、トランプ大統領自身が記者会見の場で、「今夏からの米韓合同軍事演習を中止する」と表明したことも「一方的な譲歩でないか」と大きな波紋を呼んだ…  全文を読む

  • 2018.07.06

    トルコとロシアの類似性

    宮家 邦彦

     先週トルコでダブル選挙があった。大方の予想通り、大統領選・議会選挙とも現職エルドアン大統領派の圧勝に終わった。しかし、欧米の一部にはこの結果を批判する向きが少なくない。エルドアン派の勝因は経済拡大政策により多くの名もなき庶民の強い支持を得たことだ。一方、過去15年トルコを統治してきたエルドアン氏…  全文を読む

  • 2018.06.22

    「1953年体制」終わりの始まり

    宮家 邦彦

     米朝首脳会談から1週間過ぎた。今も内外では同会談の意義につき侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が続く。果たして米朝の新たな動きは東アジアにさらなる安定をもたらすか、逆にその安定を揺るがすのか。今回のテーマは1953年体制だ。  米朝首脳会談の評価は良くても功罪相半ばだ。ボクシングに例えれば、第1…  全文を読む

  • 2018.06.21

    米朝交渉の舞台裏-非対称な非核化と安全の保証の取引-

    神保 謙

    「破滅的失敗」と「破滅的成功」の間  「米朝首脳会談は破滅的な失敗(catastrophic failure)か破滅的な成功(catastrophic success)のいずれかとなる」――5月初旬にワシントンDCを訪問した際に、主要なシンクタンクではこのような観測が飛び交っていた。「破滅的な失敗…  全文を読む

「外交・安全保障」コラム一覧

「資源・エネルギー/環境」コラム一覧

「海外情報」コラム一覧


論文・レポート

論文・レポート一覧