2017年12月アーカイブ

宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2017#52(2017年12月25-31日) 遂に2017年も最後の週となった。一年間ご愛読頂き、心から感謝申し上げる。編集部からは、今回は「国際情勢の今後を考える指針」を示す「2018年を占う」特集にせよと厳命されている。だが、そもそもこの時期、各メディ… 全文を読む
先週はワシントンに出張して来た。本年6月に続き、キヤノングローバル戦略研究所が米国シンクタンク「スティムソン・センター」と共催でシンポジウムを開催したのだ。日本側研究者が複数の米論客と議論するこのシリーズは今回が4回目だが、毎回筆者のこだわりは日米で「日米関係以外の問題」を議論すること。今… 全文を読む
先週はトランプ氏がエルサレムをイスラエルの首都として公式に認めたことで大騒ぎとなった。関連報道や噂は聞いていたが、まさか本当に実行するとは思わなかったので、文字通り言葉を失った。要するに、米国の伝統的外交政策主流派の敗北である。 エルサレムの帰属については様々な意見がある。例えば、アラブ社… 全文を読む
今週もトランプ氏が絶好調だ。先週1日にNSC担当だったフリン元大統領補佐官がFBIへの虚偽供述容疑で起訴、ワシントンの連邦地裁で有罪を認めた。この司法取引により、フリン氏は特別検察官の捜査に協力する見込みだ。今後は政権の中枢にまで捜査が及ぶ可能性がある。当然、ワシントンは大騒ぎだ。 ところ… 全文を読む
  • 1