2016年10月アーカイブ

今週日本のマスコミが最も注目するのは、例のフィリピン「暴言大統領」の訪日だが、へそ曲がりの筆者はイラク正規軍・シーア派ミリシア・ペシュメルガによる合同モスル奪還作戦の行方の方が気になる。長期戦は覚悟の上だが、これから「人間の盾」の犠牲が急増するだろう。イラク市街戦の恐ろしさは実際に経験して… 全文を読む
今週最も注目するのは、何といってもイラク軍によるモースル奪還作戦の行方だ。作戦は10月17日に開始されたが、モースルが陥落したのは2014年6月9日、あれからもう2年以上が経っている。当時は同地に駐留していたイラク正規軍が壊滅した、というか、本格的戦闘もせずに無様にも雲散霧消したはずだ。今… 全文を読む
米大統領選も遂に終盤戦に入った。9日には大統領候補による第二回テレビ討論会が開かれた。一回目討論会の結果については別のコラムに、アリvs猪木並みの凡戦であり、CNN世論調査など当てにならない。準備不足のトランプがスタイルを変えられず、準備万端のヒラリーに有権者の期待値を超える言動はなかった… 全文を読む
先週末の10月2日、ハンガリーで難民受け入れに関する国民投票が行われた。前回本欄では、「結果は今から見えている」と書いたが、グッドニュースは、ハンガリー人たちが同国民主主義の良識を示したことだろう。不思議なことに有効投票は40%に止まり、国民投票が成立しなかったからだ。欧州の良識派にとって… 全文を読む
  • 1