外交・安保カレンダー(7月27日-8月2日)

今週の注目はトルコ外交だ。これまで米国主導の対シリア・イラク有志連合に一定の距離を保ってきたトルコが先週突如方針を変更、国内空軍基地の使用を有志連合に認めるとともに、自らイスラム国やクルド組織PKKに対し空爆を開始したという。

ちなみに、トルコはNATO条約第4条(加盟国が領土保全、政治的独立、安全が脅かされていると認めた場合協議を要請できる)に基づきNATOに緊急協議を要請した。同条項に基づく会合は過去4回しか開かれていない。トルコ豹変の理由は一体何か。

この方針変更はトルコ外交の敗北を暗示している。従来の同国の対イスラム国宥和政策と対PKK和解政策は事実上失敗したのか。今後トルコ国内に混乱が拡大すれば、地域情勢は新たな次元に突入する。日本では殆ど報じられていないが・・・。

〇欧州・ロシア
29日には早速仏外相がイランを訪問する。30日にはOPEC事務局長が訪露し石油市場とイラン問題を議論する。31日には国際格付け機関がギリシャについて判断を下すという。8月1日にはギリシャの対IMF利子支払2億ユーロが期限を迎える。

〇東アジア・大洋州
28-30日にトルコ大統領が訪中する。ここでの焦点の一つはタイで捕われ中国に移送されたウイグル人問題だ。トルコは(トルキスタンという観点から)どこまで関与しようとするのか。中国は大迷惑だろう。玄人筋には興味深いテーマなのだが・・・・。

日中関係では27日に局次長級で日中経済パートナーシップ会合がようやく開かれる。日本側は外務省アジア大洋州局審議官のほか、総務、財務、農水、経産、国交、環境省及び金融庁の代表者が参加する。関係改善はゆっくりと進むということか。

〇中東・アフリカ
30日にアフガン政府とターリバーンの和平交渉が北京で開かれる。中国は米国の対アフガニスタン関心低下を見込んで着実に影響力の拡大を図っているようだ。一方、27日にEU外交代表がサウジを訪れる。EUからも対イラン関係を説明するのだろう。

この程度でイラン核合意に対するサウジの反発が和らぐとは思えない。一方、サウジ王室も本気でイラン最終合意を潰せるとは思っていないだろう。なお、オバマ大統領は今週ケニヤとエチオピアを訪問する。

〇アメリカ両大陸
先週は米国防長官がイスラエル、サウジ、ヨルダン、イラクを訪問した。今週は米国務長官がエジプトを訪問する。こうして有力閣僚を派遣するということは、イラン核問題でこれらの諸国と事前調整がなかったのだろう。やはり今の米外交は実力以下だ。

〇インド亜大陸
31日にインドとバングラデシュの領土交換合意実施の期限が来る。今週はこのくらいにしておこう。

7月27日 日中経済パートナーシップ協議(局次長級会合)(北京)
27-28日 EU外務・安全保障政策上級代表がイラン、サウジアラビア訪問
27日-8月14日 拷問禁止委員会第55回会期(ジュネーブ)
28日 全国知事会議(岡山)
28日 オバマ大統領、アフリカ連合本部訪問(エチオピア・アディスアベバ)
28-29日 米国FOMC
28-29日 ブラジル中銀、Copom
28-31日 環太平洋連携協定(TPP)閣僚会合(米ハワイ州マウイ島)
28日-8月1日 台北コンピュータアプリケーション見本市
29日 ナイジェリア大統領、カメルーン訪問
29日 第12回日本カンボジア官民合同会議
29日 御岳山噴火で行方不明の6人捜索再開
29日-8月1日 コンゴ民主共和国外相、訪中
30日 米国第2四半期GDP発表(速報値)
31日 ユーロスタット、6月失業率、7月CPI(速報値)発表
31日 ロシア中央銀行理事会
31日-8月2日 2015国際ダイエットエキスポ(ソウル)
8月1日 中国7月製造業PMI
1-6日 ASEAN関連外相会合(クアラルンプール)
2日 仙台市議会選投開票
2-4日 イタリア首相、訪日

【来週の予定】
3日-9月7日 米国議会夏季休会
3日-9月18日 ジュネーブ軍縮会議第三会期(ジュネーブ)
4日 ブラジル6月鉱工業生産指数発表
4日か5日 ロシア7月CPI発表
4-5日 イタリア外相、イラン訪問
5日 米国6月貿易統計発表
6日 広島原爆忌
7日 米国7月雇用統計発表
7日 ブラジル7月IPCA発表
8日 中国7月貿易統計発表
9日 長崎原爆忌
9日 中国7月CPI発表
9日 ハイチ上下院選
9日 埼玉県知事選投開票

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(7月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(8月3-9日) »

« 外交・安保カレンダー(7月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(8月3-9日) »