2015年1月アーカイブ

恐れていた事態が遂に起き、一日遅れとなった原稿を今ジャカルタで書いている。「イスラム国」人質事件は日本版の9.11となるだろう。これは戦後一貫して平和と安定のため経済・人道援助を続けてきた日本人の生き様に対するあからさまな挑戦だ。湯川遥菜氏に心から哀悼の意を表すると共に、残る後藤健二氏の無… 全文を読む
ペギーダ(PEGIDA)というドイツの極右団体をご存じか。筆者の専門ではないが、ドイツ語のPatriotische Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandesの略だそうだ。「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」などと訳される。欧州での… 全文を読む
日本では今週末に民主党の代表選挙がある。去年の総選挙で自公与党が大勝したせいか、どうも盛り上がりに欠ける。新年早々フランスでイスラム過激派連続テロが起きるなど今年は波乱含みだ。健全で政権担当能力のある野党の登場を望みたい。 〇欧州・ロシア 11日のテロ追悼大行進で欧州は団結したのか。実際に… 全文を読む
毎週一回、800字強という制限の中で、外交・安保問題で「世界一周」するのは結構骨が折れる。2015年からは、若干スタイルを変え、世界各地の動きをより包括的にフォローしていきたい。 〇欧州・ロシア 欧州の懸念はギリシャとロシアだ。ギリシャは2011年に大騒ぎしたのに、ユーロ離脱をめぐり再び国… 全文を読む
  • 1